初めてなら!見逃せない定番観光地 1日コース

所要時間:
約8時間
移動手段:
バスと徒歩

金沢へ初めて訪れる方のために定番観光地を詰め込んだ王道コース!

まずは金沢駅で鼓門・もてなしドーム。

金沢三茶屋街で最も大きな、風情あふれるひがし茶屋街へ。すぐ近くには主計町(かずえまち)茶屋街もあるので、時間があればぜひ訪れてください。また違った趣を感じられます。

続いて日本三名園の兼六園にて、四季折々の景色や金沢の象徴ともされる「徽軫(ことじ)灯籠」や冬の雪吊りを堪能した後は、石垣の博物館とも称される金沢城公園へ。

2015年3月に再現された大名庭園「玉泉院丸庭園」にある「玉泉庵」では、和菓子と抹茶を楽しむことができます。

「まちに開かれた公園のような美術館」をコンセプトとした、現代アートが展示されている金沢21世紀美術館は家族連れでも楽しめます。

現代建築の次は、城下町金沢ならではの長町武家屋敷跡界隈へ。藩政時代に中級武士が暮らしていた当時の面影があちこちに感じられます。冬には風物詩ともなっている「薦(こも)掛け」をみることもできます。

近江町市場では新鮮な旬の海産物や地物野菜である「加賀野菜」など、所狭しと並んでいます。また、新鮮な海鮮が食べられる飲食店も多いので、金沢の味覚を満喫してくださいね。

START

金沢駅

“おもてなし”の心から生まれた金沢の新名所

金沢駅

金沢駅の兼六園口にあるもてなしドーム。金沢は雨や雪が多いため『駅を降りた人に傘を差し出すおもてなしの心』をコンセプトに誕生。金沢を訪れた人を幾何学模様のガラスの天井がやさしく迎えてくれます。フォトスポットとして人気なのが荘厳な印象の鼓門(つづみもん)。金沢の伝統芸能である能楽で使われる鼓をイメージしています。高さが13.7mもある2本の太い柱に支えられた門構えは圧巻です。金沢を訪れた多くの観光客がまずここで記念写真を撮影しています。金沢駅は世界で最も美しい駅14駅の1つに選出されています。

基本情報を見る
住所
金沢市木ノ新保町1-1
金沢駅・兼六園口(東口)バスターミナル7番のりばから城下まち金沢周遊バスRL(右回り)で約10分
「橋場町(ひがし・主計町茶屋街)」バス停下車
約3分

ひがし茶屋街

金沢らしいフォトジェニックな風景が撮影できる場所

ひがし茶屋街

金沢文化を代表する茶屋街のひとつ。和の趣を感じるフォトジェニックな写真を撮影するには最適なスポットです。着物をレンタルした女性観光客が伝統的な町並みをバックに撮影している姿が多く見られます。また、格式ある割烹や、お洒落な町家カフェ、伝統工芸品を扱うセレクトショップなどが立ち並び、金沢らしいグルメやショッピングが楽しめます。作家・五木寛之作品『朱鷺の墓』の舞台としても有名。外国人観光客も多く、情緒溢れる古い町並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

基本情報を見る
住所
金沢市東山
「橋場町」バス停から城下まち金沢周遊バスRL(右回り)で約6分
「兼六園下・金沢城(石川門向い)」バス停下車
約3分

兼六園

日本三名園のひとつ!四季を通して豊かな自然美を堪能

兼六園

日本三名園として有名な兼六園。国の特別名勝に指定されています。広大な園内には築山、池、茶屋などが点在しており、それぞれの景観を楽しみながら廻遊する庭園となっています。四季を通じてさまざまな自然美が堪能でき、雪から木の枝を守るために施される“雪吊り”は金沢の冬の風物詩として、ぜひ見てみたい景色です。夜のライトアップでは幻想的に彩られた庭園が広がります。(ライトアップの実施日については、イベントページをご覧ください。)『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』で最高ランクの三つ星を獲得しています。

基本情報を見る
住所
金沢市兼六町1
電話番号
076-234-3800
営業時間
3月1日~10月15日7:00~18:00
10月16日~2月末日8:00~17:00
定休日
無休
兼六園桂坂口から石川橋を渡り約1分

金沢城公園・玉泉院丸庭園

歴史を感じる!現代に蘇った城下町のシンボル

金沢城公園・玉泉院丸庭園

加賀藩前田家の居城跡につくられた金沢城公園。広い公園内での見どころは2001年に復元された菱櫓(ひしやぐら)、五十間長屋(ごじっけんながや)、橋爪門続櫓(はしづめもんつづきやぐら)。古絵図や古文書などをもとに当時の姿を忠実に再現された建物は必見です。池と石垣によって独創的な景観を創り出した「玉泉院丸庭園」ではゆったりと庭園散策が楽しめます。「玉泉庵」では抹茶と季節ごとの生菓子を味わってみてください。毎週金・土曜、祝日の前日には夜間も開園していて、幻想的にライトアップされた風景を鑑賞できます。

基本情報を見る
住所
金沢市丸の内1-1
電話番号
076-234-3800
営業時間
3月1日~10月15日7:00~18:00(退園時間)
10月16日~2月末日8:00~17:00(退園時間)
※菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓9:00~16:30(最終入館16:00)
定休日
無休
玉泉院丸口からしいのき迎賓館横を通り、徒歩約6分

金沢21世紀美術館

現代アートを見て、触れて、感じる!話題の美術館

金沢21世紀美術館

全国的に有名な金沢が誇る人気の観光スポット。誰もがいつでも立ち寄ることができ、様々な出会いの場となることを目指した現代アート美術館です。特に、レアンドロ・エルリッヒ作の《スイミング・プール》(通称:レアンドロのプール)は見逃せません。プールを介して地上と地下で人と人が出会うことができる話題の作品です。館内では感性を刺激する展示物をたくさん鑑賞できます。魅力的なミュージアムショップ、レストランも併設しているので、旅の計画の際には時間を長めにとってゆっくりと滞在するのがおすすめです。

※2019年12月20日(金)~2020年2月3日(月)の期間、改修工事のため全館休館します。

基本情報を見る
住所
金沢市広坂1-2-1
電話番号
076-220-2800
営業時間
交流ゾーン:9:00~22:00
展覧会ゾーン:10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで)
定休日
交流ゾーン:年末年始
展覧会ゾーン:月曜日(月曜が休日の場合は、その翌平日)、年末年始
広坂通りから香林坊を通り、徒歩約10分

長町武家屋敷跡界隈

藩政時代に武士が暮らしていた屋敷跡を散策

長町武家屋敷跡界隈

昔ながらの土塀や石畳の小路が残り、豪壮な武家屋敷が立ち並ぶ長町武家屋敷跡。伝統環境保存区域および景観地区に指定されていて、今でも趣のある景観が維持されているエリアです。冬になると町並みの土塀を雪や凍結から守るために「こも掛け」が行われ、金沢の冬の風物詩を見るために観光客が訪れます。この界隈から繁華街の香林坊に抜ける鞍月用水沿いには割烹、郷土料理店、カフェなどが立ち並び、たくさんの人で賑わっています。

基本情報を見る
住所
金沢市長町
徒歩約5分
「香林坊(日銀前)」バス停から城下まち金沢周遊バスRL(右回り)又は兼六園シャトルで約4分
「武蔵ヶ辻・近江町市場(めいてつエムザ・黒門小路)」バス停から徒歩約1分

近江町市場

金沢市民の台所!旬の海鮮丼を食べるならココ!

近江町市場

金沢の食文化を支える『市民の台所』として親しまれている近江町市場。狭い小路には約180の店が並び、新鮮な海の幸や地元産の野菜や果物などが豊富に揃っていて、常にたくさんの観光客で賑わっています。日本海で獲れた魚介を使った名物の海鮮丼は「ネタが大きくて、美味しい!」と評判です。地元の食材を使ったご当地グルメを食べながら、お店の人との会話を楽しむのも醍醐味です。

基本情報を見る
住所
金沢市上近江町50
電話番号
076-231-1462
営業時間
9:00~17:00
※店舗により異なる
定休日
年始(1月1~4日)
※店舗により異なる
GOAL
地図を
  • 金沢駅
  • ひがし茶屋街
  • 兼六園
  • 金沢城公園・玉泉院丸庭園
  • 金沢21世紀美術館
  • 長町武家屋敷跡界隈
  • 近江町市場

Google Mapの読み込みが1日の上限を超えた場合、正しく表示されない場合がございますので、ご了承ください。

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

ひがし茶屋街から兼六園・金沢城コース

詳細はこちら

ひがし茶屋街

詳細はこちら

兼六園・金沢城と金沢21世紀美術館コース

詳細はこちら

金沢から五箇山・白川郷へ日帰りコース

詳細はこちら

近江町市場

詳細はこちら

長町武家屋敷跡界隈

詳細はこちら

近江町市場と兼六園・金沢城コース

詳細はこちら

金沢21世紀美術館

詳細はこちら

早朝の兼六園周辺散策

詳細はこちら

兼六園

詳細はこちら