近江町市場からひがし茶屋街までを散策

所要時間:
約3時間30分
移動手段:
徒歩
近江町市場からひがし茶屋街までの尾張町・橋場町は、昔から商人の町として栄えたところ。今も風情の残る建物が点在しています。人情も昔そのままに、金沢弁が出迎えてくれます。


START

近江町市場

金沢市民の台所!旬の海鮮丼を食べるならココ!

近江町市場

金沢の食文化を支える『市民の台所』として親しまれている近江町市場。狭い小路には約180の店が並び、新鮮な海の幸や地元産の野菜や果物などが豊富に揃っていて、常にたくさんの観光客で賑わっています。日本海で獲れた魚介を使った名物の海鮮丼は「ネタが大きくて、美味しい!」と評判です。地元の食材を使ったご当地グルメを食べながら、お店の人との会話を楽しむのも醍醐味です。

基本情報を見る
住所
金沢市上近江町50
電話番号
076-231-1462
営業時間
9:00~17:00
※店舗により異なる
定休日
年始(1月1~4日)
※店舗により異なる

伝統の手わざを体験

伝統の手わざを体験

近江町市場周辺の古いまちなみの中には、希少な伝統工芸の専門店が並んでいます。その中には自分で体験できる施設もあるので、自分だけのオリジナルな作品を作りましょう。

尾張町町民文化館

尾張町町民文化館

明治40年に建てられた銀行を活用。外観は黒しっくい仕上げの土蔵造りの和風だが、内部は白しっくい仕上げで銀行らしい洋風の空間となっています。当時の面影を残す旧窓口や旧頭取室も見どころです。石川県有形文化財に指定されています。

基本情報を見る
住所
金沢市尾張町1-11-8
電話番号
076-222-7670
営業時間
9:00~17:00
定休日
平日、12月29日~1月3日

尾張町老舗交流館

旅人、地元の人、様々な人々の交流の場

尾張町老舗交流館

旧商家を復元した大正浪漫の建物です。尾張町無線LANシステムの中核としてITがさりげなく設置されています。観光資料を取り揃えておりますので、お気軽にお立ち寄りください。

基本情報を見る
住所
金沢市尾張町1-11-11
電話番号
076-234-6666
営業時間
9:00~17:00
定休日
火曜日、年末年始
約7分

寺島蔵人邸

江戸中期の風情を残す武家屋敷

寺島蔵人邸

加賀藩中級武士・寺島蔵人の屋敷。画家でもある蔵人の秀作などを展示し、庭園も散策できます。

樹齢300年以上のドウダンツツジが春に開花する姿と秋の紅葉の様子は圧巻です。

基本情報を見る
住所
金沢市大手町10-3
電話番号
076-224-2789
営業時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
定休日
年末年始(12月29日~1月3日)
約3分

金沢文芸館

金沢文芸館

金沢文芸館は、金沢の文芸活動の拠点、発信基地となるべく開設されました。創作への活力と意欲の沸きたつ空間を創出し、創作活動に勤しむ方々の交流の場、学びの場を提供することを目指した館です。全国に先駆けての自治体による文学賞の「泉鏡花文学賞」と、同時に設けられた「市民文学賞」の全受賞作品が観・閲覧できます。また2階には、多方面で活躍されている五木寛之氏の「金沢五木寛之文庫」が常設されていますので、1階「交流サロン」と併せて、創作活動に大きな刺激となっています。

基本情報を見る
住所
金沢市尾張町1-7-10
電話番号
076-263-2444
営業時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)
定休日
火曜日、年末年始 
約1分

金沢蓄音器館

金沢蓄音器館

エジソン社製の蝋管式蓄音器や縦振動式のほか、有名蓄音器でSP盤の音色を楽しむ解説付き実演は必聴。毎日11時、14時、16時開催。月に数回、テーマ別SP盤鑑賞会やピアノ演奏会も開かれます。日曜日には紙ロールによりピアニストの指使いを再現して演奏する1927年米国製のピアノの公開もあります。

基本情報を見る
住所
金沢市尾張町2-11-21
電話番号
076-232-3066
営業時間
10:00~17:30(入館は17:00まで)
定休日
年末年始、展示替期間(不定期)

泉鏡花記念館

鏡花の幻想世界に触れる

泉鏡花記念館

明治半ばから創作活動を始め、大正、昭和にかけて、多くの作品を生み出した泉鏡花は、やがて文豪とたたえられ、また天才とも謳われるようになりました。鏡花が幼少時代を過ごした生家跡に建つ記念館で、作品はもとより、鏡花の生涯とその生活感覚にまで触れることのできる展示をお楽しみください。

基本情報を見る
住所
金沢市下新町2-3
電話番号
076-222-1025
営業時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
定休日
展示替期間・年末年始

久保市乙剣宮

暗がり坂の上に佇む、泉鏡花ゆかりの神社

久保市乙剣宮

風格ある商家の町並みが残る尾張町に鎮座し、金沢における市場発祥の地とされる由緒ある神社。境内を抜けて主計町茶屋街へと通じる石段の坂道は「暗がり坂」と呼ばれていて、観光スポットとして有名です。その名の通り昼間でも仄暗く、情緒にあふれ、昔ながらの景色と出会えます。また、文豪・泉鏡花の生家が近くにあり、幼い頃によく遊んだと言われています。境内には鏡花ゆかりの神社として、彼が詠んだ句碑が建立されています。

基本情報を見る
住所
金沢市下新町6-21
電話番号
076-221-2894

主計町茶屋街

細い路地と千本格子が続く情緒溢れる茶屋街

主計町茶屋街

浅野川沿いに昔ながらの風情ある料理屋や茶屋が立ち並ぶ主計町茶屋街。かつて旦那衆が人目を避けて茶屋街に通ったとされる、昼間でも薄暗い石段が続く「暗がり坂」や、2008年に地元住民から依頼を受けて作家・五木寛之氏が命名した「あかり坂」は、趣のある風景に出会える場所として多くの観光客が訪れます。夕暮れ時になると、芸妓が奏でる三味線と太鼓の音が聞こえてきて情緒溢れる雰囲気に包まれます。夜の街灯の明かりと、格子戸から漏れる光に浮かぶ街並みはどこか魅惑的。地元の文豪・泉鏡花作品に登場する観光地としても有名です。

基本情報を見る
住所
金沢市主計町
約3分

ひがし茶屋街

金沢らしいフォトジェニックな風景が撮影できる場所

ひがし茶屋街

金沢文化を代表する茶屋街のひとつ。和の趣を感じるフォトジェニックな写真を撮影するには最適なスポットです。着物をレンタルした女性観光客が伝統的な町並みをバックに撮影している姿が多く見られます。また、格式ある割烹や、お洒落な町家カフェ、伝統工芸品を扱うセレクトショップなどが立ち並び、金沢らしいグルメやショッピングが楽しめます。作家・五木寛之作品『朱鷺の墓』の舞台としても有名。外国人観光客も多く、情緒溢れる古い町並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

基本情報を見る
住所
金沢市東山
GOAL
地図を
  • 近江町市場
  • 尾張町町民文化館
  • 尾張町老舗交流館
  • 寺島蔵人邸
  • 金沢文芸館
  • 金沢蓄音器館
  • 泉鏡花記念館
  • 久保市乙剣宮
  • 主計町茶屋街
  • ひがし茶屋街

Google Mapの読み込みが1日の上限を超えた場合、正しく表示されない場合がございますので、ご了承ください。

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

近江町市場と兼六園・金沢城コース

詳細はこちら

ひがし茶屋街から兼六園・金沢城コース

詳細はこちら

兼六園・金沢城と金沢21世紀美術館コース

詳細はこちら

初めてなら!見逃せない定番観光地 1日コース

詳細はこちら

ひがし茶屋街

詳細はこちら

金沢21世紀美術館から長町武家屋敷跡をたどる

詳細はこちら

近江町市場

詳細はこちら

早朝の兼六園周辺散策

詳細はこちら

情緒溢れる茶屋街にしっとり浸るコース

詳細はこちら

金沢から五箇山・白川郷へ日帰りコース

詳細はこちら