旧奥村家上屋敷土塀(金沢医療センター土塀)

きゅうおくむらけかみやしきどべい(かなざわいりょうせんたーどへい)

加賀藩家老の八家、通称「加賀八家」のひとつである奥村家の屋敷跡の土塀です。家祖・奥村永福(ながとみ)は前田利久(加賀初代藩主前田利家の兄)に仕え荒子城代を務め、加賀藩初代藩主前田利家が前田家を相続した際に前田家を一旦、辞します。再び利家に仕えたのは1573年(天正元年)の浅倉氏討伐の時からで、後に長篠合戦、石動山合戦で軍功をたて、1585(天正12年)には、能登末森城の守将として佐々成政の攻撃から死守し功名をあげました。八坂五山の永福寺は永福の開基です。

基本情報

住所
〒920-0939 石川県金沢市下石引1-1(独立行政法人国立病院機構金沢医療センター)
アクセス:公共交通機関で
北陸鉄道路線バス「出羽町」バス停から徒歩約1分