鶴林寺

かくりんじ

【曹洞宗】開山は大乗寺三代明峰和尚の弟子大智。延元年間(1336~40)、石川郡吉野谷村に祇陀寺を建立されました。後年、越中(富山県)守山に再興され、さらに金沢八坂に移り、三代利常の命で鶴林寺と称するようになりました。十四代暖源の時、前田家の祈願所となりました。

基本情報

住所
〒920-0933 石川県金沢市東兼六町5-18
料金
拝観 境内可(無料)
アクセス:公共交通機関で
北陸鉄道路線バス「出羽町」バス停から徒歩約5分
兼六園シャトル「県立美術館・成巽閣」バス停から徒歩約7分