• ※金沢市外エリアも含むコースです

金沢から飛騨高山へ日帰りコース

所要時間:
約10時間30分

金沢で加賀百万石の城下町を堪能したら、翌日は幕府の天領として独特の文化を育んだ飛騨高山へ。 高速バスを利用すれば、白川郷を経由して2時間ちょっとで到着です。高山陣屋や高山祭屋台会館を訪れ古い町並みを散策します。

かなざわ自由時間では、飛騨高山を含むツアーをご紹介しています。

START
高速バス 金沢高山線
金沢駅兼六園口(東口)バスターミナル1番のりば → 白川郷経由 → 高山・濃飛バスセンター
全便予約制/所要時間:2時間15分
要予約 TEL:076-234-0123
高山・濃飛バスセンター → 飛騨国分寺 約5分
国分寺 → 大新町1丁目 周遊まちなみバスで約10分
(本数が少ないため時間の確認が必要です)
バス料金:おとな・こども共1回100円(さるぼぼバスは210円)
(まちなみバス&さるぼぼバス1日フリー乗車券 おとな620円・こども310円)
大新町1丁目 → 桜山八幡宮 約3分

高山祭屋台館

高山祭屋台館

宮川沿いをグルッと廻って「桜山八幡宮」の「高山祭屋台会館」を見学です。
秋の高山祭の屋台が展示されています。


高山祭屋台会館見学 約30分

入館料:おとな820円・高校生510円・小中学生410円
(併設の桜山日光館も見学できます)

基本情報を見る
住所
高山市桜町178
電話番号
0577-32-5100
営業時間
8:30~17:00(12月~2月は9:00~16:30)
定休日
無休

古い町並

古い町並

城下町の中心、商人町として発展した上町・下町の三筋の町並みが伝統的建造物群保存地区となっている古い町並。現在も生活関連のお店や、お土産物店などが立ち並び、活気があふれています。


まちなみ散策 約60分

飛騨高山まちの博物館

飛騨高山まちの博物館

高山城下町の歴史や、その中で育まれてきた美術工芸、伝統文化などが紹介されています。


飛騨高山まちの博物館見学 約30分

入館無料 

基本情報を見る
住所
高山市上一之町75
電話番号
0577-32-1205
営業時間
展示室:9:00~19:00
庭園:7:00~21:00
定休日
無休(臨時休業あり)
飛騨高山まちの博物館 → 高山陣屋 約8分

高山陣屋

高山陣屋

高山陣屋は全国で唯一残っている郡代代官所で、飛騨が徳川幕府の直轄領となってからは、幕府から派遣された代官や郡代がここで政治を司りました。
毎朝開かれる陣屋前朝市は、宮川添いの宮川朝市と並んで賑わいます。


高山陣屋見学 約30分

入館料:おとな430円、高校生以下無料

ガイド(無料)を頼んで飛騨高山の歴史をじっくり学ぶこともできます。(所要時間約50~60分)

基本情報を見る
住所
高山市八軒町1-5
電話番号
0577-32-0643
営業時間
8:45~17:00(11月~2月は16:30まで、8月は18:00まで)
定休日
12月29日、31日、1月1日
高山陣屋 → 濃飛バスセンター 約10分
高山・濃飛バスセンター → 白川郷経由 → 金沢駅前
要予約 TEL:076-234-0123
GOAL
地図を
  • 高山祭屋台館
  • 古い町並
  • 飛騨高山まちの博物館
  • 高山陣屋

Google Mapの読み込みが1日の上限を超えた場合、正しく表示されない場合がございますので、ご了承ください。

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

金沢から五箇山・白川郷へ日帰りコース

詳細はこちら

金沢から輪島塗のふるさとへ出かけよう

詳細はこちら

初めてなら!絶対外せない定番観光地 1日コース

詳細はこちら

幽玄の聖地、白山比咩神社を訪ねる

詳細はこちら

七尾湾に浮かぶ能登島で想い出づくり

詳細はこちら

茶の湯の美を求め、金沢を巡る

詳細はこちら

近江町市場と兼六園・金沢城コース

詳細はこちら

港と醤油のまちをめぐる

詳細はこちら

加賀百万石前田家の史跡めぐり

詳細はこちら

ひがし茶屋街から兼六園・金沢城コース

詳細はこちら