• ホーム
  • 特集
  • 朝・昼・夕を使い分け!本当に“ウマい”近江町巡り

朝・昼・夕を使い分け!本当に“ウマい”近江町巡り

「金沢駅」の「鼓門」からまっすぐ進んで間もなく見える「近江町市場」は、2021年に開場300年の大節目を迎える“金沢市民の台所”。その(美食の)玄関口には、舌の肥えた地元民が胸を張っておススメできる飲食店もたくさんあります。今回は、そんな贅沢な選択肢のチェック漏れを未然に防ぎつつ、ついでに混雑による食べ損ねも回避できるよう、時間帯別にご紹介します。

朝から楽しめる本格金沢グルメで、最高の旅の幕開けを。

  • もちもちの手打ちうどんをはじめ、香箱ガニ・ウナギ丼・チャーシューラーメンなどの名物が溢れる『百万石うどん』は8:00オープン、16:00クローズ(不定休)

  • 『海鮮丼いちば』は『近江町市場寿し』の姉妹店で、にぎり寿しも提供 8:30オープン、15:30クローズ(不定休)

  • 市場の新鮮な魚介を職人が手掛けた握りたてお寿司や海鮮丼で提供する『廻る近江町市場寿し』は8:30(土日祝日は8:00)オープン、20:00クローズ(無休)

  • 本店にもほど近い『廻る近江町市場寿し/上近江町店』は、朝~昼の営業のみ混雑時は両方チェックを。8:30オープン、15:00クローズ(木曜定休)

  • 海鮮丼の他、海鮮中華ラーメンなど、コスパ抜群のメニューが揃う『味の穴場 金沢海鮮丼新選組』は、家族的なあたたかさも印象的!7:30オープン、16:00(水曜のみ15:00)クローズ(不定休)

  • 海鮮丼と寿司と一品料理を提供する『いきいき亭/近江町店』は、記名後に席が空いたら電話をしてくれるシステムで無駄な待ち時間なし!7:00オープン、15:00クローズ(木曜定休(祝日の場合振替))

朝早くから“仕入れ”の活気がピークに達する市場には、その新鮮な食材をいち早く、がっつり楽しめるお食事処も軒を連ねています。高速バスや新幹線を利用して、早々に金沢駅に到着できるなら、まずは朝ごはんとして“市場めし”に舌鼓を打つ・・・なんて旅の“ロケット”スタートはいかがでしょうか?

Column

朝から呑めるフードコートもおススメ

近江町市場の中には、8:30から営業する立ち食い・立ち飲みフードコート『いっぷく横丁』があります。車麩やばい貝、えび面、のどぐろ面が人気の金沢おでんのお店『いっぷくや』や、新鮮な魚介をあらゆる調理法で彩る“浜焼き”と“市場めし”の店『七福丸』、北陸3県の地酒約50種が揃う「北陸の酒蔵六角」…市場の賑わいを横目に、朝から夕方にかけたロング昼呑みを楽しめます。18:30クローズ。水曜(祝日除く)定休。

ランチタイムは人も選択肢もたくさん!上手な店選びが鍵。

  • 郷土料理と治部煮が入った「かなざわ御前」や、旬の魚や野菜を使った定食を用意する『加賀旬菜 ゆず』は11:00オープン、15:00クローズ(水曜定休)

  • 追い出汁で〆の出汁茶漬けが楽しめる“一杯で二度楽しめる”海鮮丼が名物の『海鮮丼ひかりや』は10:00オープン、15:00クローズ(月曜定休)

  • ぶ厚いネタの海鮮丼や、ボリュームたっぷりの定食を揃える『じもの亭』は、リーズナブルなお値段も魅力 11:00(日・祝日は9:00)オープン、15:00クローズ(水曜定休)

  • 和食・割烹業界で40年以上のキャリアを重ねた“頑固者”店主が営む『こてつ』は、14種のネタを盛り込む“妥協なき”海鮮丼が名物 11:00オープン、15:00クローズ(水曜定休)

  • 米農家の父が育てたコシヒカリと漁師の長男が獲った魚を、寿司職人の弟たちで彩る“家族ぐるみ”の海鮮丼店『鮨えのめ』は11:00オープン、15:00クローズ(不定休)

行列必至の人気店を“なるべく行列を避けて”楽しもうと模索する場合、開店時間によっては朝や夕方が狙い目とご案内できますが、お昼限定でしか楽しめない名店も多々あります。特に週末や連休期間はどのお店もある程度の“覚悟”が必要となりますが、事前にラインナップを把握し、候補を絞っておけば、第2、第3も含めた高効率な段取りで、妥協なく目的のメニューをいただけるはず。ランチは“旅の本番”午後に向けた活力源、確実に楽しみましょう。

Column

あの名店の美食が、近江町市場なら朝から“通し”で楽しめる

厳選の地元食材で作る加賀料理を旨み引き立つ地酒と味わう…そんな金沢グルメならではの至福をお手頃価格で提供し、半世紀以上に渡って地元民に愛されて続けてきた「柿木畠」の名店『あまつぼ』の醍醐味が、‟仕入れ先“の近江町市場で楽しめるのはなんとも贅沢。新鮮な素材を折り重ねた海鮮丼や金沢名物のおでんなど、北陸随一の“市場めし”をお昼から味わい尽くせます。8:00オープン、21:00クローズ(水曜のみ15:00クローズ)。定休日なし。

昼下がりのカフェタイムは、ローカルなカフェでまったりと。

  • 自家焙煎コーヒー豆専門店『キャラバンサライ武蔵店』は、金沢にちなんだ近江町ブレンドやお土産用金箔コーヒーが人気!カフェスペースも併設 9:00オープン、19:00クローズ(無休)

  • 買い物通りを“出て”右手に見える『東出珈琲店』は、焙煎機から抽出する20種以上のコーヒーも味わい深い昭和レトロな地元の名所 8:00オープン、19:00クローズ(日・祝日定休)

  • 近江町市場正面口にありながら、絶妙な隠れ家感を醸す『閼伽(アカ)』は、創業40年以上のレトロな喫茶室 8:00オープン、16:00クローズ(日・祝日定休)

近江町市場は、金沢城や兼六園、片町周辺、金沢駅界隈、美術館など、あらゆる名所との距離感がちょうどよく、あらゆる方面へのバスが経由してくれる観光の起点。近江町での朝食やランチの後、夕食前に“ほっと一息”つける市場内・近隣のカフェをご紹介。お土産用コーヒーも揃える市場ど真ん中のカジュアルな名店から、地元民に愛されるレトロモダンな隠れ家的“純”喫茶まで、選り取り見取りです!

地酒と楽しむ近江町グルメを一日に〆に!

  • 開業16年を数える海鮮中華の店『仙桃広東料理』は、香港シェフと明るい名物店主がおもてなし お昼は11:00~15:00、夜は17:00オープン、22:00クローズ(火曜定休)

  • 豪快な漁師料理と伝統的な加賀料理がいただける『市の蔵』は、木の温もりに満ちた和ダイニング 一年中味わえる「かに料理」が自慢 11:00オープン、22:00クローズ

  • クリスピー&ジューシーな串揚げと新鮮なお魚料理をお手頃価格で提供する居酒屋『串揚げ×大衆魚バル ひかりや&yajimon』は、「大人のワインブッフェ」も自慢 17:00オープン、0:00クローズ(月曜定休)

  • 昼は定食から海鮮丼、お弁当をリーズナブルに、夜は地酒にぴったりの(カニやノドグロなどの)旬魚の単品料理を提供する『口福』は、11:00オープン、22:00クローズ(祝日除く火曜定休)

ランチタイムから夕方にかけて、市場内の商店の多くは閉店し、徐々に賑わいは落ち着きへと変わりますが、ここからは大人のグルメ時間。市場の新鮮な食材を「おつまみ」として楽しめる、夜が本番のお店が本格稼働します。もちろん、ランチ営業をしているお店も多々ありますが、北陸の美酒としっぽり楽しむ“本来の醍醐味”を、一日の〆に楽しんでみましょう。

Column

大老舗の名物食堂には…なんでもある!

気軽に居酒屋使いもできる食堂として、昭和5年の創業から90年以上に渡って愛され続けてきた『近江町食堂』。もはや庭とも言える「近江町市場」で仕入れる魚介料理の数々は、豊富なお酒にもベストマッチする仕立てで提供されており、特に日によって内容を変える「海鮮丼」は、地元常連客も満足できる一番人気の逸品となっています。昼は10:30~15:00、夜は17:00~22:00クローズ。年始の4日間のみお休み。