にし茶屋街から歴史と現代を巡る

所要時間:
約5時間

谷口吉郎・吉生記念金沢建築館の開館により、今まで以上に注目を集めるにし茶屋街エリアから、歴史的な建物と現代建築が融合する一帯をめぐるコースです。


START
金沢駅・兼六園口(東口)バスターミナル7番のりばから城下まち周遊バスLL(左回りルート)で約15分
「広小路(寺町寺院群・にし茶屋街)」バス停下車
約5分

にし茶屋街

割烹や町家ショップが軒を連ねる趣のある町並み

にし茶屋街

ひがし茶屋街、主計町茶屋街と並ぶ金沢三茶屋街のひとつ。にし茶屋街では華やかな芸妓がたくさん活躍しています。出格子が美しい2階建ての茶屋建築に老舗割烹が軒を並べ、趣のある一角を作り上げています。作家・島田清次郎が過ごしたお茶屋の跡地に建つ金沢市西茶屋資料館は見どころのひとつ。夕暮れ時になると、着飾った芸妓が街を歩き、家並みからは三味線の音色が流れて、芸の町・金沢の夜が感じられます。

基本情報を見る
住所
金沢市野町
約3分

寺町寺院群

金沢最大規模を誇り、歴史を感じる佇まいが残る寺院群

寺町寺院群

金沢三寺院群のなかで最も規模が大きく、約70もの寺社が集まっている寺院群。忍者寺で知られる「妙立寺」、室生犀星ゆかりの「雨宝院」、天然記念物の大桜で有名な「松月寺」などが点在し、風情あふれる景観を創り出しています。夕暮れになると梵鐘が鳴り響く光景は「残したい日本の音風景100選」に選ばれました。“静音の小径(しずねのこみち)”とも呼ばれています。金沢三寺院群のひとつであり、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。残り2つの寺院群は卯辰山山麓寺院群、小立野寺院群です。

基本情報を見る
住所
金沢市寺町

妙立寺

落とし穴、隠し階段などの仕掛けにびっくり!忍者寺

妙立寺

「忍者寺」と呼ばれ、落とし穴になる賽銭箱、床板をまくると出現する隠し階段、金沢城への抜け道が整備されていたとされる井戸などの仕掛けが、寺のあちこちで見られます。創建当時、徳川幕府と緊張状態にあったため、襲撃に備えて出城・砦の役目を果たしていました。外観は2階建てですが、実際は7層になっていて、23部屋と29階段もあると言われています。迷路のような内部をガイドが案内してくれます。事前の予約が必要です。

基本情報を見る
住所
金沢市野町1-2-12
電話番号
076-241-0888
営業時間
平日9:00~16:00(1時間毎の案内)、土日祝日9:00~16:30(30分毎の案内)
※冬期は平日と同様の案内
※入場は予約時間の10分前より
定休日
1月1日,6月1日、2日、11月13日及び法要日(詳細は電話にて要問い合わせ)
約2分

谷口吉郎・吉生記念金沢建築館

2019年7月26日開館!

谷口吉郎・吉生記念金沢建築館

建築とまちづくりをテーマとした「谷口吉郎・吉生記念金沢建築館」。

東宮御所(現赤坂御所)や東京国立博物館東洋館などの設計を手がけた日本を代表する建築家であり、金沢市出身の谷口吉郎氏の住居跡に建てられ、吉郎氏の長男であり、ニューヨーク近代美術館やGINZA SIXなどを設計した世界的に活躍する建築家の谷口吉生氏が設計しました。

建物内に、現存する施設である迎賓館赤坂離宮和風別館「游心亭」の主和室と茶室を忠実に再現展示する新しいスタイルの施設です。

にし茶屋街から徒歩約5分ほどであり、施設にはミュージアムショップやカフェも併設されているため、にし茶屋街と合わせて訪れたいスポットです!



基本情報を見る
住所
金沢市寺町5-1-18
電話番号
076-247-3031
営業時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
定休日
月曜(祝日の場合は翌平日)、12月29日~1月3日
約2分
「広小路(寺町寺院群・にし茶屋街)」バス停から城下まち周遊バスLL(左回りルート)で約4分
「本多町(金沢歌劇座前)」バス停下車
約5分

鈴木大拙館

まちなかにある深い静寂

鈴木大拙館

D.T. Suzukiとして世界で知られる鈴木大拙は金沢が生んだ仏教哲学者。大拙の考えや足跡をひろく国内外の人々に伝えるとともに、来館者自らが思索する場となることを目的に開設された館内は「展示空間」「学習空間」「思索空間」の3つの空間を回廊で結ぶとともに、「玄関の庭」「露地の庭」「水鏡の庭」の3つの庭によって構成。設計は国際的な建築家・谷口吉生氏。静寂な雰囲気をうみだす大きなクスノキの古木や、朝夕、四季によって彩られる散策路もみどころです。

基本情報を見る
住所
金沢市本多町3-4-20
電話番号
076-221-8011
営業時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
定休日
毎週月曜日・年末年始・展示替期間

美術の小径・緑の小径

四季の変化を存分に感じる散策路

美術の小径・緑の小径

石川県立美術館と中村記念美術館を結ぶ石段の「美術の小径」には、平行して兼六園から流れる辰巳用水が流れており、日頃の喧噪を忘れさせてくれる雰囲気が漂っています。

中村記念美術館から鈴木大拙館へと続く「緑の小径」を歩くと、本多公園が広がっており、国の登録有形文化財「旧本多家長屋門」を見ることができます。また、隣接して松風閣庭園もあり、武家庭園であった当時の雰囲気を感じることができます。

基本情報を見る
住所
金沢市本多町3

中村記念美術館

茶道具と工芸の美術館

中村記念美術館

茶道美術の名品をはじめ江戸時代の絵画、古九谷、加賀蒔絵、加賀象嵌など、約1000点を所蔵する金沢の茶道文化と伝統工芸を紹介する美術館です。美術館の庭園の眺めを望むことができる喫茶室では、抹茶と和菓子をリーズナブルな料金で楽しむことが出来ます。

基本情報を見る
住所
金沢市本多町3-2-29
電話番号
076-221-0751
営業時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
定休日
年末年始(12月29日~1月3日)、展示替期間
GOAL
地図を
  • にし茶屋街
  • 寺町寺院群
  • 妙立寺
  • 谷口吉郎・吉生記念金沢建築館
  • 鈴木大拙館
  • 美術の小径・緑の小径
  • 中村記念美術館

Google Mapの読み込みが1日の上限を超えた場合、正しく表示されない場合がございますので、ご了承ください。

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

にし茶屋街

詳細はこちら

近江町市場からひがし茶屋街までを散策

詳細はこちら

初めてなら!絶対外せない定番観光地 1日コース

詳細はこちら

ひがし茶屋街

詳細はこちら

早朝の兼六園周辺散策

詳細はこちら

幽玄の聖地、白山比咩神社を訪ねる

詳細はこちら

着物の似合うまちでフォトジェニック散策

詳細はこちら

金沢から五箇山・白川郷へ日帰りコース

詳細はこちら

ひがし茶屋街から兼六園・金沢城コース

詳細はこちら

金沢から飛騨高山へ日帰りコース

詳細はこちら