• ホーム
  • 特集
  • 金沢観光はバスが便利!金沢周遊バス&西日本ジェイアールバス

金沢観光はバスが便利!金沢周遊バス&西日本ジェイアールバス

2021年10月18日から、金沢市内1日フリー乗車券をスマホで購入・利用ができるようになりました!

金沢市内はさまざまなバスが走っており、観光に便利なバスやサービスが充実しています。金沢は金沢城を中心とした半径2キロの中に主な観光スポットが集まっており、歩いてまわることもできますが、路線バスを利用すると便利です。観光客の方に路線バス利用方法をご紹介します。

金沢が初めての方は「城下まち金沢周遊バス」で。

  • 城下町金沢周遊バス

  • 金沢駅東口バス案内板 行先別にバスの出発時間がリアルタイム表示

  • 金沢駅東口バスターミナル6番のりば

周遊バスは金沢駅東口を起点に主要観光スポットを右回りルートと左回りルートで巡回しています。(1周約40分)。15分間隔で運行しているので、降りたバス停から乗車しながら迷わず観光することができます。


 【右回りルートで巡る主な観光スポット】
金沢駅東口→ひがし・主計町茶屋街→兼六園・金沢城→金沢21世紀美術館→にし茶屋街・忍者寺→長町武家屋敷跡→尾山神社→近江町市場→金沢駅東口
※左回りは上記の逆回りとなります

【金沢駅のりば】金沢駅東口6番
【料金】大人200円 全国交通系ICカード使用不可

 ※1日乗り放題になる「1日フリー乗車券 」(大人600円)がおすすめです!
【運行時刻】金沢駅始発8:30 最終18:00 15分間隔

全国交通系ICカードが使える「西日本ジェイアールバス」

  • 西日本ジェイアールバス(ブルーの車体)

  • 西日本ジェイアールバス(つばめのデザイン)

金沢駅から1時間に約6本の頻度で、近江町市場、香林坊、金沢21世紀美術館、兼六園、ひがし茶屋街を通る路線を運行しています。
【西日本ジェイアールバスが停車する主な観光スポット】
金沢駅東口→近江町市場→尾山神社→長町武家屋敷跡→金沢21世紀美術館・兼六園→ひがし茶屋街 ※逆向あり
【金沢駅のりば】金沢駅東口5番
【料金】大人初乗り200円 全国交通系ICカード使用可
【運行時刻】金沢駅始発6:20 最終21:00
※2020年4月より1日フリー乗車券も使用可能になり更に便利に。

お得な「金沢市内1日フリー乗車券」

  • 1日フリー乗車券 左:大人用 右:こども用

  • WEBチケット購入サイト「のりまっし金沢」

  • 割引施設

  • わかりやすいルートマップがもらえますよ

路線バスを利用して観光をするのであれば、1日フリー乗車券がおすすめ。上記でご紹介したバスの他、路線バスも指定エリア内で利用できます。さらに金沢21世紀美術館など28の観光施設の入場料が割引に!購入時にもらえる時刻表ルートマップは、バス停の位置と観光スポットが見やすくて便利です。バスの中では販売していないので乗車前に購入しましょう。2021年10月18日からWEB上でも購入できるようになりました!
【料金】おとな600円・こども300円 乗車日当日限り有効

【販売窓口】北鉄駅前センター(金沢駅東口バスターミナル)、金沢駅観光案内所、北鉄グループ案内所及びサービスセンター、市内主要ホテル等

【WEB購入・利用方法】

公式サイト「のりまっし金沢」に(居住地(都道府県市町村)、年齢等)を登録

②クレジットカード決済で購入

③バス降車時にチケット画面を乗務員に提示

乗車方法

  • 乗車時は1人1枚整理券をとります

  • 後ろのドアから乗車します

金沢の路線バスはすべて「うしろ乗り・あと払い方式」です。一般の路線バスに乗るときは、バス入口で整理券(乗車場所を示す番号を記載した券)を1人につき1枚とります。運賃は降車時に運転手横にある運賃箱に整理券と一緒に入れます。(城下まち金沢周遊バスには整理券はありません)1日フリー乗車券で一般の路線バスに乗る場合も整理券が必要です。車内前方の表示板で次の停留所や運賃が確認できます。小学生以下の子どもの運賃は半額です。運賃箱はおつりが出ませんので、おつりがないようにお支払いください。両替は運賃箱の横にある両替機で1,000円、500円、100円、50円のみ可能です。