辰巳用水

たつみようすい
  • 辰巳用水が流れる美術の小径
  • 辰巳用水が流れる美術の小径

1631年(寛永8年)金沢城大火の後、防火のために犀川の水を引いて造られました。当時、徳川幕府との関係が険悪だったため、戦時の飲料水確保の意図もあったともいわれています。石川門から二の丸までの間は逆サイホン法を採用するなど、土木技術の高さも見られます。

基本情報

住所
石川県金沢市