氷室開き

ひむろびらき

江戸時代加賀藩が徳川家に氷を献上していたことに由来する伝統行事

江戸時代には氷は非常に貴重であったため、冬になると「氷室」と呼ばれる貯蔵庫(氷室小屋)に雪を詰め、保管していました。そして、旧暦6月1日を「氷室の朔日」と呼び、保管していた雪氷を切り出して、徳川家に氷を献上していました。

これを再現した催しを「氷室開き」として、毎年6月30日に湯涌温泉にて行っています。氷室小屋で仏事の後、切出された雪氷を薬師寺へ奉納します。

その他「氷室まんじゅう」の販売等もあります。※2021年開催は、物販のみ参加可能です。(仏事は関係者のみで行います。)

また毎年1月末には雪を氷室小屋に詰める「氷室の仕込み初め」も開催されます。

基本情報

住所
〒920-1123 石川県金沢市湯涌町地内
アクセス:お車で
金沢駅から約40分
金沢東IC・金沢森本ICから約30分、金沢西ICから約40分
アクセス:公共交通機関で
北陸鉄道路線バス「湯涌温泉」バス停から徒歩約3分
問い合わせ先
湯涌温泉観光協会
電話番号
076-235-1040
公式WEBサイト
湯涌温泉観光協会
開催日
2021年6月30日(水)
開催時間
10:00~11時30分
会場名
湯涌温泉総湯「白鷺の湯」前

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

氷室の仕込み初め

詳細はこちら

地酒・新酒まつり

詳細はこちら

【2021年中止】金沢城・兼六園四季物語~初夏の段~(金沢城・…

詳細はこちら

寺島蔵人邸

詳細はこちら

第18回金沢おどり

詳細はこちら

【2021年中止】白鳥路ホタル観賞の夕べ

詳細はこちら

箔一 金沢駅百番街店

詳細はこちら

先人たちに学ぼう!金沢ゆかりの偉人を訪ねるコース

詳細はこちら

金沢JAZZ STREET2021

詳細はこちら

ひがし茶屋街

詳細はこちら