幽玄の聖地、白山比咩神社を訪ねる

所要時間:
約5時間

晴れた日には金沢から遠く白山を望むことができます。白山は富士山、立山と並び、日本三名山に数えられ、古来より白き神々の山として崇められてきました。金沢の南西、白山市鶴来地区には、全国三千余の白山神社の総本宮となる「白山比咩神社」があり、加賀の菊酒の醸造で知られる鶴来の町並み散策や陶芸体験と併せ、ゆっくり巡る半日のミニ旅です。


白山周辺を含んだツアーをかなざわ自由時間で紹介していますので、こちらもチェックしてださいね!

START
金沢駅からJR北陸線で約3分
西金沢駅下車
料金:おとな 190円・こども 90円
新西金沢駅から北鉄石川線で約28分
鶴来駅下車
料金:おとな 450円・こども 230円
鶴来駅から加賀一宮(表参道入口)までタクシーで約10分
料金:850円程度
加賀一宮から白山比咩神社表参道まで約3分
※鶴来駅前の白山観光連盟で自転車の貸し出しを行っています。

白山比咩神社

白山比咩神社

一の鳥居のある表参道駐車場でタクシーを降り、樹齢千年を超える杉木立の参道を登って行くと、静謐なたたずまいを見せる白山比咩神社へ到着です。
白山信仰は日本の歴史とともにあり、この神社には白山の守り神とされる菊理媛が祀られています。


白山比咩神社参拝と散策 約30分


【宝物館】
入館料:おとな 300円・高校生以下無料

基本情報を見る
住所
石川県白山市三宮町ニ105-1
電話番号
076-272-0680
営業時間
9:00~16:00(11月は9:30~15:30)
定休日
無休(宝物館は12月~3月休館)
白山比咩神社から鶴来横町までタクシーで約5分
(徒歩約20分)

鶴来まち歩き 横町うらら館

鶴来まち歩き 横町うらら館

鶴来は藩政期前からの古い宿場町で、手取川水系の伏流水に恵まれ、酒造りで知られてきました。室町期には既に高級な澄み酒「加賀の菊酒」がつくられ、現在もその伝統が「白山菊酒」に受け継がれています。「横町うらら館」は、そんな鶴来の面影を残す町屋で、無料休憩所になっています。まち歩きに疲れたら、ちょっと一休み。


鶴来まち歩き 約60分

横町うらら館:入館無料

基本情報を見る
住所
石川県白山市鶴来新町タ1
電話番号
076-272-0001
営業時間
10:00~16:00
定休日
旧盆、年末年始
鶴来駅から北鉄石川線で約30分
野町駅下車
約2分

九谷光仙窯

九谷光仙窯

明治三年創業。金沢で唯一ロクロ成形から上絵付まで一貫した手作業による制作をしている窯元です。当窯製品をお求め頂くことができ、伝統九谷の展示や工房、窯など制作工程もご案内しております。また、約20種類の中から形が選べる絵付の体験もできるようになっております。

基本情報を見る
住所
金沢市野町5丁目3-3
電話番号
076-241-0902
営業時間
9:00~17:00
※12月30日~1月3日10:00~15:00
定休日
元日
約5分

にし茶屋街

割烹や町家ショップが軒を連ねる趣のある町並み

にし茶屋街

ひがし茶屋街、主計町茶屋街と並ぶ金沢三茶屋街のひとつ。にし茶屋街では華やかな芸妓がたくさん活躍しています。出格子が美しい2階建ての茶屋建築に老舗割烹が軒を並べ、趣のある一角を作り上げています。作家・島田清次郎が過ごしたお茶屋の跡地に建つ金沢市西茶屋資料館は見どころのひとつ。夕暮れ時になると、着飾った芸妓が街を歩き、家並みからは三味線の音色が流れて、芸の町・金沢の夜が感じられます。

基本情報を見る
住所
金沢市野町
GOAL
地図を
  • 白山比咩神社
  • 鶴来まち歩き 横町うらら館
  • 九谷光仙窯
  • にし茶屋街

Google Mapの読み込みが1日の上限を超えた場合、正しく表示されない場合がございますので、ご了承ください。

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

初めてなら!見逃せない定番観光地 1日コース

詳細はこちら

早朝の兼六園周辺散策

詳細はこちら

七尾湾に浮かぶ能登島に遊び、想い出づくり

詳細はこちら

金沢から五箇山・白川郷へ日帰りコース

詳細はこちら

ひがし茶屋街から兼六園・金沢城コース

詳細はこちら

金沢から輪島塗のふるさとへ出かけよう

詳細はこちら

金沢から飛騨高山へ日帰りコース

詳細はこちら

砂丘のロマン日本海の夕陽に染まる

詳細はこちら

兼六園・金沢城と金沢21世紀美術館コース

詳細はこちら

近江町市場と兼六園・金沢城コース

詳細はこちら