椿原天満宮つばきはらてんまんぐう

椿原天満宮

永仁5年加賀国主富樫義親が京都北野天満宮より丹波屋敷と称する山崎に勧請しました。観応年間一向一揆により金浦郷田井村へ遷座され、金浦郷の総鎮守産土神となり、前田家祈願所とし城郭の鎮守と定めました。金浦郷総社田井天満宮、椿原神社、椿原天満宮と称え旧金沢五社の筆頭たる御社格でした。明治6年郷社に、明治14年9月県社に列せられております。

〒920-0925 石川県金沢市天神町1-1-13
TEL:076-231-3827