大野湊神社おおのみなとじんじゃ

大野湊神社

大野湊神社は、聖武天皇神亀4年(727)猿田彦大神を、既に鎮座されていた神明社(祭神・天照大神)の傍に勧請したのが始まりといわれています。歴代朝廷、武将の尊崇篤く、特に加賀藩主前田利家公は任国の際、本陣となった当社の荒廃を憂い、宮腰をはじめ十五ケ村にその総社として祭資を供進させて社殿を再興。2代前田利長公は毎年の神事能興行の例をつくり、また3代前田利常公は、寛永16年(1639)社殿を造営し、氏子村を増加させるなど、歴代藩主の崇敬を集めていました。
明治18年県社に、昭和41年神社本庁別表神社に指定されました。寺中の杜として有名な社叢は、昭和52年金沢市文化財に、寛永16年に造営された本殿三棟は、昭和57年石川県文化財に指定されています。

〒920-0341 石川県金沢市寺中町ハ163
TEL:076-267-0522
http://oonominato.or.jp/