おすすめコンテンツ

Home > おすすめコンテンツ > 特集一覧 > 平成30年度 体感!金沢の旅 > 金沢伝統の発酵食を訪ねる

体感!金沢の旅 金沢市観光協会が主催するプレミアムな旅

金沢伝統の発酵食を訪ねる

酒処として知られる金沢は、古くから醤油や味噌の醸造も盛んで、かつては日本有数の醤油の町でもありました。この発酵の技を基に地元の海産物に併わせ北前船の寄港地ということもあって、様々な発酵食が工夫され、今も生活に根付いています。
特に、珍しいフグの子の糠漬けや、イワシの糠漬け「こんかいわし」やサバの糠漬け「へしこ」などは、最近の発酵食ブームを受けて、徐々に知られるようになりました。
これらの製造現場や醤油味噌蔵、糀専門店などを巡り、糀や糠の驚くべき利用法や効用を教わり、様々な発酵食品を味わいます。

開催日時
2019年1月26日(土)
集合
11:30 JR金沢駅
解散
16:30 JR金沢駅
参加費
6,000円(税込)
見学、体験、昼食、貸切バス代
定員
20名 (最少催行人数5名)
申込〆切
1月11日(金)
ふぐの子とふぐの糀漬け

フグとフグの子の糀漬け

お味噌汁食堂そらみそランチ

お味噌汁食堂そらみそランチ

行 程
11:30 JR金沢駅 西口団体バス乗降場
=貸切バス=
12:00 油与(あぶらよ)商店
伝統の発酵食品こんかいわし・へしこ・ フグの子の糠漬けなど解説と作業場見学
=貸切バス=
13:00 お味噌汁食堂そらみそ
お握りとめった汁、フグの子の糠漬けやへしこ・こんかいわしの昼食
=貸切バス=
14:00 ヤマト醤油味噌・糀パーク
糀の効能や秘密の話と、糀ハンドバス体験
=貸切バス=
15:00 髙木糀店
金沢の糀文化の説明 特製かぶら寿しの賞味と糀甘酒の試飲
=貸切バス=
16:30 JR金沢駅解散
こんかいわし

こんかいわし

サバの糠漬け(へしこ)

サバの糠漬け(へしこ)

糀ハンドバス

糀ハンドバス

お味噌汁食堂そらみそ外観

お味噌汁食堂そらみそ外観

かぶら寿し

かぶら寿し


油与商店
油与商店(あぶらよしょうてん) 『魚の漬物』ふぐ卵巣(ふぐの子)、こんか漬け、こんかいわし、へしこ、糠漬け(ぬか漬け)粕漬け(かす漬け)を製造販売する創業三百年の老舗本舗。木樽による漬け込み、貯蔵蔵での熟成発酵といった伝統製法 を守り続けている。
〒920-0338 金沢市金石北2丁目1−33 電話 076-267-0031
ヤマト醤油味噌
ヤマト醤油味噌 1911年創業。「一汁一菜に一糀」をコンセプトに、「糀」や「麹」の酵素の力を活用した発酵調味料を製造。発酵食を通じた食文化の大切さを発信する取り組みに力を入れている。
〒920-0338 金沢市金石北2丁目1−33 電話 076-267-0031
高木糀店
高木糀店 百八十年余の歴史を持つ糀の老舗。昔ながらの製法でひとつひとつ手仕事で製造している。
〒920-0831 石川県金沢市東山1丁目9−3
電話: 076-252-7461

このプログラムは(一社)金沢市観光協会が企画・実施する募集型旅行商品です。
下記の旅行条件書をお読みになり同意ボタンにチェックを入れてお申込み画面にお進み下さい。

旅行条件書PDF


back

ページトップへ