おすすめコンテンツ

Home > おすすめコンテンツ > 金沢に夢中!旅したくなる体験リポート > 加賀友禅着付け体験

金沢に夢中!旅したくなる体験リポート

加賀友禅着付け体験

緻密な手作業と色糸で表す伝統美、加賀繡

まずは、着物の色や柄を選びます。

30着ほどから好みの柄を選べます。

30着ほどから好みの柄を選べます。

click
 金沢のなかでも、もっとも金沢らしい情緒を残すひがし茶屋街。格子戸の古い町家が軒を連ね、今でも一見さんお断りのお茶屋が営まれているエリアです。通りの中ほどに位置する古民家を利用した和雑貨ショップ&喫茶の「久連波(くれは)」では、加賀友禅きものレンタルを併設しています。マチルダさんはとっても日本通で、自ら簡易的な和装もお持ちとのこと。今回は、本格的な加賀友禅が着用できるとあって、期待が膨らみます。

 久連波の2階に上がり、着付け室に入ると加賀友禅の着物が10着ほど並べてありました。マチルダさんは身長が高いため着付けできる着物は数着と限られましたが、ピンク地とブルー地のどちらかで思案。「どっちもステキだけどー」と迷いながらブルー地に菊の花柄の伝統的な加賀友禅を選びました。マチルダさんはあらかじめ自分で髪をアップしていて、準備も万端です。
帯〆や帯揚げなども華やかですね(*‘∀‘)

帯〆や帯揚げなども華やかですね(*‘∀‘)

click

いよいよ着付け師の方に着せてもらいます。

白の肌襦袢を付けてから薄いピンクの襦袢を

白の肌襦袢を付けてから薄いピンクの襦袢を

click
加賀友禅の着物をまといます

加賀友禅の着物をまといます

click
衿を整えて、おはしょりをします

衿を整えて、おはしょりをします

click
 体験者が準備するものはなく、すべて久連波が揃えています。最初に足袋をはき、肌襦袢を身に付け、さらに襦袢を着ます。ここまでは時間もかからないのですが、加賀友禅の着物を着てからは手数が多くなります。着物の長さを合わせてから腰ひもを結び、おはしょり(着丈より長い着物なので、腰あたりでたくし上げる部分のこと)を整えます。マチルダさんはあまりおはしょりが出ず、着付け師さんも四苦八苦(^_^;)。でもさすがプロです。短いながらもなんとか整いました!

 衿を整えてから胸紐でおさえ、胸元をきっちりと合わせます。もう一度おはしょりを確認してから、次は帯を選びます。着付け師さんのアドバイスもいただきながら、蝶を大きく幾何学的に描いた斬新なデザインを選びました。着付け師さんはかなりの力を入れながらぐいぐい引っ張ります。帯枕を入れ、帯〆、さらに帯揚げをして完成です。「絹の肌触りいいですねー。帯でギュッと締められてますけど、背筋が伸びて身も引きしまって、逆に気持ちいいですよ」とマチルダさん。

着付け師さんの力が必要な帯を締めます

着付け師さんの力が必要な帯を締めます

click
帯〆もしっかりと締めます

帯〆もしっかりと締めます

click
髪飾りも付けてもらって、着付けが完成(^^)/

髪飾りも付けてもらって、着付けが完成(^^)/

click

着物姿でお抹茶と和菓子をいただきます。

2階座敷の喫茶で記念撮影。ヤマトナデシコですね

2階座敷の喫茶で記念撮影。ヤマトナデシコですね

click
縁側でも撮影

縁側でも撮影

click
 久連波の2階は和風喫茶になっています。まずはここで一服しましょう(*^-^*)。昔、民家とお茶屋だった2棟を改修して1棟にした店内は日本情緒たっぷり。とても低くて丸いテーブルに向かって座りました。実はこのテーブルは「あぐら膳」といって、藩政時代は武士があぐらをかいて座っていた座卓なんだそうですよ。

 さて、抹茶をいただきます!こちらの和菓子は、販売店舗を持たない茶の湯のための予約制の菓子店「吉はし」の上生菓子です。季節によって菓子が異なり、この日は初桜、花だより、春霞の3種があり、初桜をチョイスしました。

上生菓子の初桜とお抹茶です(*^▽^*)

上生菓子の初桜とお抹茶です(*^▽^*)

click
とてもおいしゅうございます

とてもおいしゅうございます

click

艶やかな着物姿でひがし茶屋街を散策します♡

SNS映えの好ショット☆(赤い傘は「国指定重要文化財志摩」に入館(500円)された方のみ貸出OK)

SNS映えの好ショット☆(赤い傘は「国指定重要文化財志摩」に入館(500円)された方、久連波にご来店された方に貸出)

 
一本裏の通り。日本らしい風情が漂います!

一本裏の通り。日本らしい風情が漂います!

click
洋館風の建物もあったり

洋館風の建物もあったり

click
 ひがし茶屋街を散策し、せっかくの艶姿を記念撮影。メインとなるのが二番丁通りですが、おすすめは一本路地を入った裏通りです。格子の家々に挟まれた細い通りは、人がすれ違うのがやっとという道幅。加賀友禅の着物姿がこの風景にしっくり合いますね。二番丁通りに戻り、今度は国指定重要文化財志摩を見学。こちらで赤い和傘を借りてハイポーズ!(^^)!。久連波に戻り、店の前のベンチでもニッコリポーズ。「SNSにアップしよう!!」。満足な時間が過ごせたマチルダさん。「着物はチャンスがあれば、これからも着たいですね」と笑顔満開でした🎶

後ろ姿もなかなかいいでしょ!(^^)!

後ろ姿もなかなかいいでしょ!(^^)!

click
おしとやかに座ってみました♫

おしとやかに座ってみました♫

click

美しい作品が並ぶ販売コーナー

 久連波は、金沢・片町に本店を構える加賀友禅専門店「ゑり虎」が営んでいますので、レンタルの着物も手描きの加賀友禅です。久連波1階のショップには加賀友禅の着物展示をはじめ、加賀友禅の和小物などがずらり。久連波のオリジナル加賀友禅風呂敷や、オリジナル加賀友禅ハンカチなどがおみやげにもおすすめです。ほかにも、地元在住作家の漆器や陶芸の作品も並びます。
愛らしい和小物がそろっています

愛らしい和小物がそろっています

click

過去の体験リポートはこちら

スポット情報
九谷光仙窯
<久連波>くれは

電話/076-253-9080
所在地/金沢市東山1-24-3
営業時間/10:00~18:00
定休日/水曜
料金/きものレンタル1時間5,000円~(要予約)
交通/JR金沢駅から城下まち金沢周遊バスで10分、橋場町(ひがし・主計町茶屋街)下車、徒歩4分
駐車/なし。東山観光駐車場(有料)または近隣のコインパーキング(有料)利用
HP/http://www.higashi-kureha.com/

ページトップへ