おすすめコンテンツ

Home > おすすめコンテンツ > 金沢に夢中!旅したくなる体験リポート > 加賀繡(かがぬい) 小物作り体験

金沢に夢中!旅したくなる体験リポート

加賀繡(かがぬい) 小物作り体験

緻密な手作業と色糸で表す伝統美、加賀繡

女性の装いを彩ってきた加賀繡とは?

清楚で華やかな加賀繡

清楚で華やかな加賀繡

 

 加賀繡は、室町時代初期の仏教布教とともに、仏前や僧侶の袈裟などの加飾として京都から加賀に伝わった刺繡です。江戸時代になると、藩主の陣羽織や奥方の着物、袋物などにその技術が応用され、独自の発展をしていきました。大正~昭和にかけては、刺繡をほどこした半襟が流行。さらに帯などに華やかさを添える装飾として、和装には欠かせない加飾、加賀繡となっていきました。

 加賀繡の大きな特徴は「ぼかし繡」と「肉入れ繡」です。ぼかし繡は、同じ色目でも微妙に濃淡が異なる糸を何色も使ってぼかしを表現。自然なグラデーションにするため、目の大きさを揃え、糸の重なりを均一にします。肉入れ繡とは幾重にも重ねて繍い、立体的に見せます。これらの技術は、長い経験の一針一針の積み重ねから生まれていくものです。
 近年では、加賀繡の技術を応用したバッグやアクセサリー、名刺入れなど現代女性が身に付ける雑貨小物が多く作られ、その品格ある美しさが人々を魅了しています。
加賀繡IMAIのモダンな和装バッグ

加賀繡IMAIのモダンな和装バッグ

click
加賀繡IMAIでは「ちょうブローチ」などアクセサリーも豊富

加賀繡IMAIでは「ちょうブローチ」などアクセサリーも豊富

click

繊細でしなやかな美しさ、加賀繡を体験します!

キーホルダーやヘアゴムの飾りなどからチョイス

キーホルダーやヘアゴムの飾りなどからチョイス

click
 今回、加賀繡を体験するのは金沢市国際交流員の丁さんです。しっとりとした和の趣と女性心をくすぐる華麗な模様に惹かれたそうです☆
 体験場所は、「加賀繡IMAI」。国指定伝統工芸士・今井フクエさんの技を受け継ぐ加賀繡の工房です。さっそく開始!まずは体験する小物や柄を選び、同時に加賀繡を施す布の色も選びます。「どれも可愛くて迷ってしまう🎵」。少し悩んだあげく、トンボの柄を配したヘアゴム飾りにしました。決まったらさっそくスタート!最初に柄の下絵を描き、それを布に写します。写し終わった布は刺繍枠に張り、セットして固定します。

20種類ほどの色から好みの布を選びます

20種類ほどの色から好みの布を選びます

click
大きさに合わせて下絵を描きます

大きさに合わせて下絵を描きます

click

配色を決め、糸を縒(よ)り、繍っていきます。

真剣な表情で糸縒りに専念(^-^;

真剣な表情で糸縒りに専念(^-^;

click
先生がホワイトボードに丁寧に繍う順を示してくれます

先生がホワイトボードに丁寧に繍う順を示してくれます

click
 トンボ柄に使う色は、胴体と羽根と目玉の3色です。その色をたくさんの色糸の中から選びます。加賀繡は、巻き取ってある色糸を縒り合わせることによって、1本の糸を作ります。こうすることで艶やかさと風合い、強度が増すのです。今回の体験では、2本を縒り合わせて1本にしていきます。最初は先生がお手本を示してくれます。片端を口に加えて、器用に両手の掌を使って縒り合わせます。「えー、難しい!」と言っていた丁さんも2本目からはスムーズ。覚えるのが早いですね、と先生もびっくりです( ゚Д゚)

 糸の用意ができたら、さぁー、繍っていきましょう。もちろん繍い方も丁寧に教えてくれますし、ホワイトボードに繍う順番も示してくれます。「下から出すときは左手、上から下にいれるときは右手」、「隠し針で繍いはじめ、隠し針で繍い終わる」などというようなルールがあり、ここからは無言で集中。途中、分からないときは先生に聞きながら、一針一針進んでいきます。赤い胴体が終わり、次は羽根に。最後に銀糸を使って目玉を入れて完成!!「体験前からこれは難しそうだなと思っていましたが、やはり大変でした(笑)。時間をかけて経験で覚えていくものなんですね」と納得顔。

トンボの胴体は赤、羽根は薄い緑、最後の目玉は銀糸に

トンボの胴体は赤、羽根は薄い緑、最後の目玉は銀糸に

click
最後には余裕ができて「2個にすればよかったな(*‘∀‘)」

最後には余裕ができて「2個にすればよかったな(*‘∀‘)」

click

ヘアゴム飾りができあがりました!

どう?かわいくできたかな?

どう?かわいくできたかな?

click
先生がヘアゴムに取り付けて仕上げてくれます

先生がヘアゴムに取り付けて仕上げてくれます

click

 加賀繡を繍い終えたら次はヘアゴムに取り付けます。布を丸型に切り取り、金型に貼り付け、ヘアゴムに取り付けて完成。この仕上げ作業はすべて先生がしてくれます。さっそく、髪に留めてみました。「もっとみなさん時間がかかっていますよ。短時間でこの仕上がり、とてもうまくできてますよ」と、先生からも褒めていただきました。
 体験は3日前までの予約が必要。所要時間は2~3時間。体験料は2,500円~4,500円です。3日間の滞在型の特別プログラムも用意されています。加賀繡IMAIの工房内にはショップも併設。バッグやアクセサリーなどが展示販売されていますので、おみやげにも喜ばれそうですね。
完成!どこにもない一点ものです☆

完成!どこにもない一点ものです☆

click

さっそく、髪につけてみました♫いかが?

さっそく、髪につけてみました♫いかが?

click
工房内ギャラリーには加賀繡の作品が展示販売されています

工房内ギャラリーには加賀繡の作品が展示販売されています

click

過去の体験リポートはこちら

スポット情報
加賀繡IMAI(かがぬい いまい)
<加賀繡IMAI(かがぬい いまい)>
電話/076-231-7595
所在地/金沢市三口新町3-4-19
時間/10:00~17:00
定休日/不定休
料金/ヘアゴム2,500円、イヤリング・ピアス3,500円など
交通/JR金沢駅から北鉄バス18番系統で18分、三口新町下車、徒歩1分
駐車/3台
HP/https://www.imai1912.com/

ページトップへ