おすすめコンテンツ

Home > おすすめコンテンツ > 金沢に夢中!旅したくなる体験リポート > 長町武家屋敷跡界隈で陶芸体験

金沢に夢中!旅したくなる体験リポート

城下町風情を楽しみながらろくろ体験♪

城下町風情を楽しみながらろくろ体験♪

武家屋敷跡に佇む「ルチザン・セラミックファクトリー」

こちらはギャラリーの入り口。声をかけると工房の位置を教えてくれる

こちらはギャラリーの入り口。声をかけると工房の位置を教えてくれる

click
このドアが工房の入り口。見つけにくいので目を凝らして

このドアが工房の入り口。見つけにくいので目を凝らして

click
 土塀が続く長町武家屋敷跡のすぐそば、路地を一本入ったところに陶芸工房があります。100年ほど前の屋敷を改装しているので、少し分かりにくいかもしれませんが、立派な昔ながらの木造の門構えが目印。こちらはギャラリーとレストランの入り口で、その建物を挟んで真後ろが工房になります。
 工房では体験コースのほか、陶芸を本格的に学びたい初級コース、応用コースなどを用意しています(すべて要予約)。ろくろや手びねり、九谷上絵などがあり、今回は体験コースの中でも一番人気のろくろコースに挑戦です。「実は陶芸は初めてなんです。うまくできるかしら(・_・;)」


先生からの工程説明のあと希望の器の形を決めます☆

 体験工房に入ると庭園の緑が見渡せて開放感あふれる雰囲気。これならリラックスして頑張れるかな?! さて、今回ろくろを指導していただける先生からまずはこの体験教室でできることや体験の工程などの説明を受けます。
 今回はろくろコース(所要時間約90分)を選びました。足踏みペダルの電動式ろくろを回すもので、直径20cm以下の器を1つ制作します。「何にしようか考えてなかったー」としばらく考え中。いろいろな例を見ながらとりあえず無難な形のお碗を作ろうと決めました!「釉薬の色も考えてくださいね」と先生。机に並んだぐい呑みの色見本を見て、またまた思案中です。
あれもいいし、これもいいしー。先生と相談中

あれもいいし、これもいいしー。先生と相談中

click


先生がお手本を見せてくれ、そして体験に突入です!

こんな感じで小さなカタチから広げていきますよ

こんな感じで小さなカタチから広げていきますよ

click
 最初にろくろの回し方などを習い、先生がお手本を見せてくれます。まずは回転するろくろの上の粘土を、下からギュッと押し上げたり、押し下げたりして粘土の中心を決めます。それから成形に入ります。さすが、説明しながら鮮やかな手つきで碗を作ってみせてくれました。
 さて、いよいよろくろの前に座りチャレンジします。「そうそうそんな感じ」と声をかけられ、その気になって土と悪戦苦闘していたら、不思議、何とかカタチになりました(^◇^)。お碗から途中で気が変わり片口にすることになり、ちょこっと細工。

「いい感じだけどもう少しここを…」どちらも真剣です

「いい感じだけどもう少しここを…」どちらも真剣です

click
いいカタチになってきましたよ

いいカタチになってきましたよ
 

click
最後に口をつけて片口茶碗にします

最後に口をつけて片口茶碗にします
 

click

ばっちり決まったね!次は釉薬の色を選びます♪

どうかしら?煮物を盛り付けても冷酒を入れてもいいわね(^^)/

どうかしら?煮物を盛り付けても冷酒を入れてもいいわね(^^)/

click
さて色はどの色にしようかな、迷ってしまう

さて色はどの色にしようかな、迷ってしまう

click
 わりとスムーズにろくろ回しができ、器の生地が完成。先生にもスジがいいねって褒められて、うれしくなりました(*^▽^*)。 器は、工房で乾燥させ釉薬をかけて焼成して送ってくれますが、およそ2カ月かかるそうです。また、器は焼くと1.5割くらい縮むそうなので、それを予測して作らなければいけないのですよ。次はぐい呑みもいいし、マグカップもいいかな。
 最近では、結婚式の両家の両親への贈り物や友人の引き出物にと、カップルで制作する例も多いそう💛
約2カ月で送られてきました、完成品です!

約2カ月で送られてきました、完成品です!

click

終わったあとは、ギャラリーで作品を鑑賞

「ルチザン・セラミックファクトリー」は、鉄錆地用変(かなさびじようへん)という独自の技法で作る作品がギャラリーに展示されていました。陶芸作家・山添月十士氏の主宰する工房です。鉄錆地用変とは、二度の高温焼成によって独特の色彩が表面に表れるもので、鉄の部分に錆を施した江戸時代の鎧に似ていることから名付けたそうです。
 ギャラリーでは、鉄錆地用変の器や花瓶などが展示販売されています。使い込めばこむほど色が変化していくそうで、それもまた楽しそうですね。
古民家の玄関先を利用したギャラリーです

古民家の玄関先を利用したギャラリーです
 

click
カタチも色柄もどれひとつとして同じではない個性的な器

カタチも色柄もどれひとつとして同じではない個性的な器

click
ステキな色合いでしかも芸術的だわー

ステキな色合いでしかも芸術的だわー
 

click

過去の体験リポートはこちら

スポット情報
ルチザン・セラミックファクトリー
<ルチザン・セラミックファクトリー>

電話/076-231-4756
所在地/金沢市長町2-6-51
営業時間/13:00~21:00
(前日までにお電話にてご予約お願いします。)

体験時間 /(1)13:00〜 (2)15:00〜 (3)17:00〜 (4)19:00〜の中から選んで頂きます。

料金/
・電動ロクロ体験: 4,500円

・手回しロクロ体験: 4,500円

・手づくり小物体験: 3,500円
・赤絵体験: 3,500円

・九谷五彩体験: 4,500円
・青絵(染付)体験: 3,500円

・変わり青絵(染付)体験: 3,500円
※材料費・焼成費・配送料・消費税は全て代金に含まれております。

※各コース所要時間は約90分です。

定休日/無休 
交通/JR金沢駅からバスで約8分、香林坊下車、徒歩8分
駐車/3台
HP/http://lucizan.com/cn15/luci_menu.html
ページトップへ