おすすめコンテンツ

Home > おすすめコンテンツ > 特集 > おいしい金沢 Vol.4

おいしい金沢

おいしい金沢 Vol.4 金沢の旬の味、伝統の味、新しい味をお届けします!

夏の始まりを告げる「氷室まんじゅう」

金沢では毎年7月1日に「氷室まんじゅう」を食べる風習があります。
江戸時代、加賀藩では冬場に積もった雪を「氷室」と呼ばれる保冷庫に詰め、夏場に取り出して氷として利用していました。7月1日(旧暦6月1日)は、加賀藩が江戸の将軍家へこの氷を献上していた日で、飛脚が運ぶ氷の無事を祈って神社にまんじゅうを供えたことが氷室まんじゅうの風習の起源とされています。
今でも6 月末になると市内の和菓子店の店先に氷室まんじゅうが並びます。現在は酒まんじゅうで作る店がほとんどで、皮の色は白、桃色、薄い緑の3色あります。
氷室は一時廃れましたが、現在は湯涌温泉に氷室小屋が再建され、毎年1月の最終日曜に雪を詰める「氷室の仕込み」、6月30日に雪氷を取り出す「氷室開き」を行っています。

豆の食感が楽しい「ささげ餅」

土用といえば「土用の丑の日」でうなぎを食べる風習がよく知られていますが、土用の行事食はうなぎだけではありません。北陸・金沢には、無病息災を願い、土用の入りに餅をついて食べる「土用餅」の慣わしがあります。土用餅の代表は、あずき餡でお餅を包んだあんころ餅ですが、金沢では「ささげ餅」が有名です。
ささげ餅は、塩味で煮た“ささげ豆”をお餅のまわりにつけた和菓子で、今では夏の風物詩として定着しており、7月〜8月を中心にまちの和菓子屋やスーパーで売られています。白いお餅の表面に赤茶色の豆がびっしりとくっついた見た目はインパクトがあります。和菓子といっても甘くないので、食欲が落ちる暑いシーズンでも食べやすい、栄養満点のおやつです。

ページトップへ