おすすめコンテンツ

Home > おすすめコンテンツ > 金沢クラフト・ツーリズム > 伝統工芸(加賀友禅)

金沢クラフト・ツーリズム

  • 伝統工芸/加賀友禅 かがゆうぜん

    加賀友禅は室町時代、加賀地域の独特の技法であった梅染めに遡ります。1712年頃、京都で扇絵師として、また着物の雛形本の図案を描いていた宮崎友禅斉が加賀に移住したことから友禅染の基礎が築かれました。図案の作成から始まる幾多の制作工程は、すべて職人たちの手仕事によるもので、その特徴は加賀五彩と云われる配色により、花鳥風月を題材に絵画的表現が息づき、力強くも上品な落ち着きを持っています。また、彩色においては三色ぼかしや、葉っぱが虫に食われた状態を表した「虫喰い」と称する技法も自然美表現の特異なもので、アクセントとしての効果を持っています。狩野派の流れをくみ、草花を中心とした写実的な絵画調の絵柄は、京友禅の文様的な画風とは対照的です。工程は手作業によるところが多く量産には不向きですが、作家の個性が十分に発揮され、一点一点に温かい手描きの趣があります。近年ではこの技法を応用し、和装小物、インテリア、洋服等の分野で商品開発も進められています。

体験内容【手描き友禅ハンカチ作り】※内容は施設によって異なります。

あらかじめ下絵の輪郭線に、糸目糊という糊が置かれたハンカチや布に彩色します。
また、本格的なオリジナル作品を制作できるコースもあります。

  • 1)彩色
  • 2)水で洗い、糊を流す
  • 3)乾燥させて完成

体験内容【加賀友禅着用体験】※内容は施設によって異なります。

 

本物の加賀友禅が着用できます。多くのデザインからお好きな着物をお選び下さい。スタッフが着付けも手伝います。
草履や小物も御用意してありますので、そのまま金沢の風情あるまちなみを散策し、記念写真の撮影をお楽しみ下さい。

  • 1)お好きな着物を選ぶ
  • 2)着付け
  • 3)まちなか散策

加賀友禅を体験できるお店はこちら

金沢なんでも体験プログラム「加賀友禅」

加賀友禅を体験できるモデルコース

ページトップへ