おすすめコンテンツ

Home > おすすめコンテンツ > 特集一覧 > 桜満開♪春の金沢散策 金沢・お花見特集

桜満開♪春の金沢散策 金沢・お花見特集

桜満開♪春の金沢散策 金沢・お花見特集2013
桜が咲き乱れ、城下町金沢のまちなみが華やかに彩られる春。綺麗な花を愛でながら、着物で金沢のまちをゆったり散歩美味しい和菓子とお茶でひといき・・・。いつもと違った春の旅で、新たな金沢を発見してみませんか。

兼六園

加賀百万石前田家の庭園として造られた国の特別名勝・兼六園は、日本三名園の一つ。四季折々の自然と、代々の藩主たちによる絶え間ない作庭の妙が織りなす景観は、屈指の美しさと雄大さを生み出しています。桜の名木が多く、ひとつの花に300枚の花弁を付ける兼六園菊桜、ヤマザクラの大木・旭桜、兼六園熊谷ほか、サトザクラ、ヒガンザクラ、ソメイヨシノなど約420本の桜が園内を彩ります。

【例年の見頃】
4月上旬〜中旬(ソメイヨシノ)
【所在地】
石川県金沢市兼六町1-4
【種類・本数】
ソメイヨシノ(200本)  ヒガンザクラ(80本) サトザクラ(50本) ヤマザクラ(40本) その他(30本) 合計 約40種 420本
兼六園花便り兼六園の開花状況など日毎に移りかわる桜の様子を、
写真を交えながら紹介しています。

金沢城公園

加賀藩前田家の居城であった金沢城の城址を整備してつくられた都市公園。園内には、木造城郭建築として菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓や河北門などの歴史的建造物が復元されています。園内ではソメイヨシノ、ヤマザクラ、コシノヒガン、オオヤマザクラ、カスミザクラ、オオシマザクラなどが楽しめます。

【例年の見頃】
4月上旬〜中旬(ソメイヨシノ)
【所在地】
石川県金沢市丸の内1-1
【種類・本数】
ソメイヨシノ ウワズミザクラ ヤマザクラ など(250本)

金沢城公園・百間堀園地(旧沈床園)

藩政時代に金沢城の堀であったものを、明治時代に埋め立てて市民に公園として開放したのが始まり。旧百間堀を埋め立てて、芝生広場に整備された百間堀園地は、サクラの花見の名所として、観光客・市民の憩いの場所として親しまれています。

【例年の見頃】
4月上旬〜中旬(ソメイヨシノ)
【所在地】
石川県金沢市丸の内地内ほか

おすすめ!桜写真スポット

金沢城・兼六園ライトアップ
毎年4月の上旬〜中旬、桜の開花時期にあわせて無料開放&ライトアップを実施
照明で幻想的に照らされたピンクの花を散策し夜桜を満喫することができます。

【開催時間】
午前7時〜午後9時30分
○菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓は午前9時から
 午後8時30分まで(有料)
○時雨亭は午前9時から午後4時30分まで(呈茶の
 受付は午後4時で終了)、
 午後6時から午後8時30分までは見学のみ
○ライトアップは、午後6時から午後9時30分
○早朝入園は、午前4時から
主計町茶屋街・浅野川
国の重要伝統的建造物群保存地区
浅野川沿いにある主計町茶屋街はしっとりとした情緒あふれる落ち着いた雰囲気が楽しめるスポット。
春は綺麗な桜が茶屋街に華やかさを添え、よりいっそう美しいまちなみとなり、夜には水面に映るガス灯の灯りと夜桜が幻想的な雰囲気を醸しだします。
ゆったりとした時の流れを感じながら、散策を楽しんでみてはいかがでしょうか。
梅ノ橋 尾山神社 白鳥路 金沢21世紀美術館
犀川の桜橋に対してその名がついたともいわれている梅ノ橋。春には浅野川沿いに桜が咲き、とても美しい風景に出会えます。日没とともにライトアップも行われるおすすめ写真スポットです。 和漢洋折衷の造りで国の重要文化財に指定される、五彩のギヤマンが目を引く正面のエキゾチックな三層楼門。春には隣に桜が咲き記念撮影にぴったりです♪ 石川門から大手掘方向へと続く白鳥路は、大手掘近くに白鳥の像がたたずむ散歩道です。金沢ゆかりの三文豪の像をはじめ、いろいろな彫刻があり、桜と共に写真撮影をしてみてはいかが? 金沢の人気アートスポット♪まちに開かれた公園のような美術館で、春には桜を愛でながら芝生でくつろいだり記念撮影をしたりと、憩いの場所としてもおすすめです。
【例年の見頃】
4月上旬〜中旬
【所在地】
石川県金沢市東山付近
【例年の見頃】
4月上旬〜中旬
【所在地】
石川県金沢市尾山町11-1
【例年の見頃】
4月上旬〜中旬
【所在地】
石川県金沢市丸ノ内
【例年の見頃】
4月上旬〜中旬
【所在地】
石川県金沢市広坂1-2-1

まだまだあります!金沢・桜スポット

卯辰山公園
犀川・犀星の道
松月寺の大桜
慶恩寺のシダレザクラ
浅野川右岸に横たわる自然豊かな丘陵地にある公園。標高141mで、金沢市街・白山が一望できる。卯辰山公園全体で約500本の桜が咲き誇り、多くの人を魅了しています。 豪快な流れから「男川」と呼ばれる犀川は、金沢の文豪、室生犀星がこよなく愛した川です。春の河川敷は桜が美しく、散歩に最適な憩いのスポットです。平成13年に犀川大橋は国の登録有形文化財になりました。 国指定天然記念物
寺町にある松月寺の境内にある樹齢400年、東西20m、南北15mに広がる有名な大桜。土塀を破って幹が通りに飛び出しているのが特徴。この桜は本寺中興至岸和尚が三代利常から小松城内にあったものを拝領したと伝えられています。
金沢市指定保存樹
延徳3年(1491)に創建されたと伝えられる小立野の慶恩寺。1943年に植えられたこの桜は、樹高16m、幹周2.50m、枝巾12mのしだれ桜です。
【例年の見頃】
4月上旬〜中旬
【所在地】
石川県金沢市末広町地内
【例年の見頃】
4月上旬〜中旬
【所在地】
石川県金沢市
【例年の見頃】
4月中旬
【所在地】
石川県金沢市寺町5-5-22
【例年の見頃】
4月上旬〜中旬
【所在地】
石川県金沢市石引2-5-30
ページトップへ