2014年1月11日 〜 2014年3月23日
てのひらぶんがくかん にしのぼるさしえげんがてん

【石川近代文学館】てのひら文学館 西のぼるさし絵原画展

 本年度冬の企画展は、時代・歴史小説のさし絵画家として永くご活躍されている西のぼる氏の原画展を開催いたします。画業三十五周年を迎える今日までの西氏の活動は、さし絵のみならず、装画・装丁と幅広いのですが、今回は、これまでの作品数二万枚と言われるさし絵原画の中から、近作を中心に選りすぐり展示し、「てのひら文学館」と銘打つことといたしました。かつて鏑木清方が「会場芸術」「床の間芸術」に対して「卓上芸術」と呼び、芸術の一形式に高めたさし絵の世界。しかし、小説やエッセイといった文学作品が「初出」として新聞や雑誌に掲載される時につけられるさし絵の多くは、作品が単行本などになる際、収録されないままになってしまうことがほとんどです。この機会に、毎朝手元に届く新聞連載小説の、物語とさし絵の見事なコラボレーションをはじめ、いつでもどこでも、誰もが気軽に訪れ、文学に親しむことができる宝石箱のような、てのひらの上で楽しむ「文学館」に皆様をご招待したいと思います。

 

詳細情報

【日時】
2014年1月11日(土)〜2014年3月23日(日)
9時00分〜17時00分(入館は16時30まで)

【料金】
一般    350円
大学生   280円
高校生以下 無料

【朗読会】
定員40人・参加費無料・申込不要
● 2月8日(土)午後2時から 多目的利用室3
安部龍太郎「金沢城嵐の間」(抄)
朗読 : 林恒宏(研声舎)
● 3月8日(土)午後2時から 多目的利用室3
北方謙三「水滸伝」(抄)
朗読 : 風李一成(劇団KAZARI@DRIVE)

 
 
 
会場

石川四高記念文化交流館
(金沢市広坂2-2-5)
アクセス方法
●JR金沢駅東口バスターミナルより、バスにて「香林坊(アトリオ前)」下車後、徒歩で約2分

関連ファイル
お問い合わせ
お問い合わせ先 石川四高記念文化交流館
電話番号 076-262-5464
FAX 076-261-1609

このページの最初に戻る