2013年12月4日 〜 2014年4月20日
企画展「だいせつをめぐるひとびと」

【鈴木大拙館】企画展「大拙をめぐる人々」

鈴木大拙(1870−1966)は、職業や地位に関わりなく、さまざまな人と接し、広いジャンルにわたる業績を残しています。そうした業績は、固定的な考えに捉われることなく、思索を深めてきた大拙の姿をいまに伝えます。
 
大拙を慕い、深い関係を結んだ人々の中には、実業家も少なくありません。安宅彌吉(あたか やきち1873-1949)、野村洋三(のむら ようぞう1870-1965)、出光佐三(いでみつ さぞう1885-1981)、外国人ではコーネリアス・クレーンなど、生涯を通して、あるいは長い年月の間、「外護者(げごしゃ)」(自身の財を学術・文化振興の為に寄附するもの)としてという以上に誠心誠意、さまざまな仕方で大拙の働きを援け、大拙のために尽くした人々がいました。彼らとのつながりは、鈴木大拙というひとりの人間の、類い希なる生涯の特色を形成しています。
 
当展は、鈴木大拙の生涯を特色づける交友関係の豊かさを紹介するとともに、大拙と深くかかわりながら同じ時代を生きた人々が、大拙の生き方・考え方に対し抱いていた想いに着目します。

詳細情報

◆料金◆

一般    300円
65歳以上  200円
高校生以下 無料


 
 
会場

---鈴木大拙館---

◆開館時間◆

9時30分〜17時 (受付は16時30分まで)


◆休館日◆

毎週月曜日 (年末年始は12/29〜1/3)

アクセス方法
北鉄バス・城下まち金沢周遊バス乗車
→「本多町」で下車
→徒歩4分

お問い合わせ
お問い合わせ先 鈴木大拙館
電話番号 076-221-8011

このページの最初に戻る