2013年2月1日 〜 2013年3月27日
きかくてん「きのきかがく」

【石川県立伝統産業工芸館】企画展「木の幾何学」

企画展「木の幾何学」

 以前は、引き戸や欄間、衝立など、精緻な組子が日本家屋のあちこちに使われていた。このような細工は建具職人により作られてきたが、生活の西欧化に伴い、引き戸や欄間が消え、和室より洋室が多くなった昨今、組子の技術や技法を生かせる場がなくなりつつある。組子がどのようなものかを知っている世代も減りつつあり、このままではせっかくの技術が人知れず埋もれてしまう。本企画展で、組子の素晴らさを再発見してもらうことを目指す。

◆企画展紹介
組子の歴史、使用される木、道具の説明、工程、組み方のサンプルなどを通して、どのように組子を用いた作品が作られていくのか紹介する。同時に、伝統的な幾何学模様の作品と合わせて、抽象的なデザインや風景などを写した近年の作品も展示する。 これにより、組子の世界でも現代に合わせた作品が作られつつあることを知っていただきたい。

<出展者からのメッセージ>
 私たちの身の回りの日用品は今やそのほとんどがプラスチックや金属に取って代わられました。かつては、爪楊枝から家屋や橋梁までもそのほとんどが木製で、木は実用品の材料として我々の生活には欠かせないものでした。やがて生活に余裕が出てくると木工技術の発達と相まって装飾的な部分にも木が使われ出したと考えられます。その手法の一つが障子の子の桟に見られる「組子」(くみこ)と呼ばれる細い木材を幾何学的に組みあげる技法です。もともとは、障子紙や襖紙を張るための骨組みに過ぎませんでしたが、色々な組み方を開発し、長い年月をかけ装飾品としての価値を高めていきました。

 この企画展では、ここ金沢、ひいては石川県下で組子細工を手がける作家や職人の作品を集めました。城下町や神社仏閣、商家の多い土地柄で伝承開発されてきた組子の技をご覧下さい。同じ物を作る場合でも作り手によって使う工具や手順が違います。私たちの生活の中に組子細工を身近に置いて技の伝承が末永く続くことを切に願います。手にとって体験できる部材も用意しました。ぜひここで組子の良さ、おもしろさを発見して下さい。


<組子の歴史>
 「組子(くみこ)」という名称がいつの頃から使われだしたのかは不明ですが、平安時代には襖の中骨としてその技は宮中、仏閣では使われていたようです。もっとも中骨ゆえにその姿は見えず、明かり取りとして障子紙が使われはじめた鎌倉時代に初めてその姿が見えるようになりました。「中骨」から「裏骨」に出世したわけです。あくまでも裏骨であっていうなれば「傘の骨」と同じで日の目を見ない控えめな存在です。「ちなみに韓国の障子は組子が外側に向けて作られています。国民性でしょうか?)そのデザインも縦横に四角く組んだ簡素なものだったでしょう。そのうち遊び心のある職人が現れ、桟の感覚を変えたり、斜めに組子を配置したりと幾何学的な模様を作り始め、次第に繊細かつ豪華な作品が作られるようになりました。仏閣やお城の書院などに技を凝らした組子を用いることが多くなり色々な技巧が発達していきます。もう「組子」は障子紙を支える構造部品としてだけではなく、部屋の装飾の一部を担う大切な部品の一つとなりました。組子の基本的な技として桟の太さをいかに正確に削り上げることが出来るか、交差する部品の切欠きをいかに正確に欠き取るかが組子の仕上がりを左右します。組子の技の伝承は徒弟制度の中、主に「盗み見習い」で受け継がれたと言われています。建具屋(たてぐや)と呼んでいる障子襖の職人のうち、細かい作業の得意な者が親方や兄弟子の仕事を盗み見て覚えたもので、組子に関する書物が現れたのは近年になってからです。
 
 外国人に「日本の家は紙で出来ている」と言わしめた障子襖を裏で支えてきた「組子」。現在の断熱効果を優先した住宅には出番が無くなって来ていますが、新たな活躍の場が現れることを期待しています。(建具師・立川美治)

詳細情報

【日時】
平成25年2月1日(金)−3月27日(水)

【会場】
1Fエントランスホール展示スペース、2F第4展示室

【展示作品】
約75点

【出演者】
―花俊―、遠藤毅、岡野繁、庄田正徒、立川美治、多村正則、広崎和雄、松井裕志、松井良雄


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

石川県立伝統産業工芸館

【開館時間】
午前9時〜午後5時
(入館は4時45分まで)

【休館日】
4月〜11月は、毎月第3木曜日
12月〜3月は、毎週木曜日及び年末・年始(祝日の木曜日は除く)

【入館料】
1階:無料
2階:<個人>
   大人(18才以上):250円
   大人(65才以上):200円
   小人(17才以下):100円


 <団体(30名以上)>
   大人(18才以上):200円
   大人(65才以上):200円
   小人(17才以下):80円

【ガイド】
日本語及び英語の音声ガイドシステムによる館内説明(貸出無料)あり

【駐車場】
12台(障害者用スペース1台を含む)

※6才未満は無料です。

 
 
 
会場

石川県立伝統産業工芸館

〒920-0936
石川県金沢市兼六町1−1

アクセス方法
バス:JR金沢駅より北鉄バス小立野方面行きに乗車(約15分)
   出羽町で下車。徒歩1分
タクシー:JR金沢駅から約15分
車:北陸自動車道金沢東または金沢西インターから約30分

お問い合わせ
お問い合わせ先 石川県立伝統産業工芸館
電話番号 076-262-2020
FAX 076-262-8690

このページの最初に戻る