2013年2月10日 〜 2013年2月11日
こうげいかんくらふとすくーる〜でんとうてきにほんがのきんぱくぎほう

【石川県立伝統産業工芸館】工芸館クラフトスクール〜伝統的日本画の金箔技法

   2013工芸館クラフトスクール・開講!
        受講者募集中

 北陸の冬、思い切って家から飛び出し、雪の降る静寂の中、工芸館でじっくりと「ものづくり」に取り組んでみませんか。

 石川県立伝統産業工芸館では、『もっと伝統工芸の技に触れたい』、『伝統工芸の技に挑戦してみたい』という声にお応えすべく、2013年2月、高い技術を持つ伝統工芸士や職人の方々に協力していただき、「工芸館クラフトスクール」を開校します。

 工芸館では毎週土曜日・日曜日に実演・体験を行っていますが、今回行う「工芸館クラフトスクール」では、簡単にできる体験ではなく、腰を据えて本格的に伝統の技に挑戦して頂けるようなワークショップを行います。

★ 伝統工芸の技を自分で体験できる絶好の機会です。
★ ちょっぴり難しいかもしれません。
★ 定員があります。
★ 高い技術を持つ職人さん・伝統工芸士さんが講師です。
★ 少人数で徹底指導いたします。
★ すべて事前予約が必要です。メールか電話でご予約下さい。
TEL:076-262-2020
Eメール:info@ishikawa-densankan.jp


A.伝統的日本画の金箔技法 (講師: 山本幸雄さん)
 千年以上続いている伝統の金箔の技法4種を体験して頂きます。すべて、昔ながらの膠を使う作業行いますので、乾燥に時間がかります。時間の都合上、色紙に以下の技法を使い、 装飾料紙を作ります。これらの基本的な技法をマスターして、日本画、友禅、人形、書道などに応用してみ下さい。

1. 金箔の平押し: 金屏風はこの技法で制作されています。
2.砂子振り: 漆芸の蒔絵同様、箔で模様を描きます。
3.印金: 箔で紋様を型置きします。友禅ではすり箔とも言います。
4.切箔・野毛:箔を使い、伝統的装飾技法を行います。

詳細情報

【日時】
平成25年2月10日(日)、11日(月)
両日とも10:00-15:00

【定員】
10名

【料金】
\2,500(材料費)/1日

【持ち物】
お弁当

【時間割】
●10 日
10 :00 −10 :30 金箔の説明
10 :30 −12 :00 磐砂作り方
12 :00 −13 :00 昼食
13 :00 −14 :00 磐砂引き
14 :00 −15 :00 スケッチ制作

●11 日
10 :00 −10 :30 金箔のあかし
10 :30 −12 :00 平押し
12 :00 −13 :00 昼食
13 :00 −14 :00 砂子振り
14 :00 −15 :00 切箔、野毛 (乾燥・整理 )


【講師プロフィール】
● 山本幸雄さん
石川県金沢市生まれ。1971年まで京都・皐月表玄に於いて修行。重要文化財の修復も
数多く手がけている。
1969 京都表展・京都表装文化協会会長賞受賞
1977 第 20 回石川県表展・石川県技能検定協会会長賞受賞
(以後、 2011年まで各賞を毎回受賞)
1993 日本伝統工芸展初入賞
   日本伝統工芸七部会展初入選
2011 第 58 回日本伝統工芸展入選 回日本伝統工芸展入選


【予約】
工芸館へ電話かメールでお申し込みください。
TEL:076-262-2020
Eメール:info@ishikawa-densankan.jp



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

石川県立伝統産業工芸館

【開館時間】
午前9時〜午後5時
(入館は4時45分まで)

【休館日】
4月〜11月は、毎月第3木曜日
12月〜3月は、毎週木曜日及び年末・年始(祝日の木曜日は除く)

【入館料】
1階:無料
2階:<個人>
   大人(18才以上):250円
   大人(65才以上):200円
   小人(17才以下):100円


 <団体(30名以上)>
   大人(18才以上):200円
   大人(65才以上):200円
   小人(17才以下):80円

【ガイド】
日本語及び英語の音声ガイドシステムによる館内説明(貸出無料)あり

【駐車場】
12台(障害者用スペース1台を含む)

※6才未満は無料です。

 
 
 
会場

石川県立伝統産業工芸館

〒920-0936
石川県金沢市兼六町1−1

アクセス方法
バス:JR金沢駅より北鉄バス小立野方面行きに乗車(約15分)
   出羽町で下車。徒歩1分
タクシー:JR金沢駅から約15分
車:北陸自動車道金沢東または金沢西インターから約30分

お問い合わせ
お問い合わせ先 石川県立伝統産業工芸館
電話番号 076-262-2020
FAX 076-262-8690

このページの最初に戻る