2012年11月30日 〜 2013年4月21日
【すずきだいせつかん】「きたろうとだいせつ」てん

【鈴木大拙館】「幾多郎と大拙」展

石川県西田幾多郎記念哲学館交流協定一周年記念

西田幾多郎と鈴木大拙ふたりの書を中心に展示します。ともに影響を受けた思想的な背景に注目し、ふたりのかかわりを紹介します。


○ふたりのつながり
西田幾多郎と鈴木大拙はともに明治3年生まれ、ともに金沢の石川県専門学校初等中学科、第四高等中学校に学んで相知り相親しんで以来、生涯深い交わりを続けました。

ふたりは思想の上でも深いつながりを持っています。ふたりとも若くして禅の道を歩みつつ広く東洋の精神的伝統を体現し、西田は西洋精神の骨格とでも言うべき哲学をギリシャから現代に至るまで要所要所を深く学んで、大拙は海外に出て長期にわたる西洋世界の生活と思想を体得しました。
ふたりの共通の課題は、東洋と西洋とが結びついた一つの新しい世界を開き、人間存在のより深い可能性を探究することにありました。

詳細情報

【開催期間】
2012年11月30日〜2013年4月21日
【料金】
一般   300 円
65 歳以上 200 円
高校生以下 無料


 
 
会場

鈴木大拙館

【開館時間】
9 時30 分〜17 時
(受付は16 時30 分まで)

【休館日】
毎週月曜日(月曜日が休日の場合は、その直後の平日)
年末年始(2012年12月29日〜2013年1月3日)
アクセス方法
北鉄バス
【本多町】下車 徒歩4分
城下まち金沢周遊バス
【本多町】下車 徒歩4分

関連ファイル
お問い合わせ
お問い合わせ先 鈴木大拙館
電話番号 076-221-8011

このページの最初に戻る