モデルコース

Home > モデルコース > おすすめコース一覧 > 金沢クラフト・ツーリズムコース > 日本三大菓子処、金沢の銘菓を味わう

金沢クラフト・ツーリズムコース

日本三大菓子処、金沢の銘菓を味わう所要時間 約4時間30分

ここだけは見逃せない観光スポットルートマップを見る
金沢は和菓子のまち。加賀百万石の文化が色濃く残り、お茶席に使う上生菓子や干菓子が盛んにつくられ、人々に親しまれてきました。今も和菓子のお店が各町内に1軒はあるというほど多く、和菓子職人がそれぞれ自慢の菓子づくりに技を磨いています。数ある茶亭ではお菓子とともに気軽に呈茶が楽しめます。また、菓子職人が指導する和菓子づくりは、金沢の代表的な体験プログラムです。
金沢駅金沢駅城下まち金沢周遊バス城下まち金沢
周遊バス
金沢駅

金沢の人気観光スポット「ひがし茶屋街」へ向かいます。金沢駅からは兼六園口(東口)バスターミナルで城下まち金沢周遊バスRL(右回り)が便利です。

バス
金沢駅東口 ― 橋場町(ひがし・主計町茶屋街)城下まち金沢周遊バス右回りで11分

城下まち金沢周遊バス

金沢駅より毎日 8:35~18:05(15分間隔で運行)

料金:1回乗車おとな200円・こども100円/1日フリー券 おとな500円・こども250円

徒歩
橋場町~ひがし茶屋街 徒歩3分
ひがし茶屋街ひがし茶屋街ひがし茶屋街ひがし茶屋街
ひがし茶屋街

ひがし茶屋街に着いたら、出格子の並ぶ艶やかなまちなみの情緒を楽しんだ後、文政3年に建てられたまま残っている国の重要文化財「志摩」に入ってみましょう。

ひがし茶屋街散策
約30分
〒920-0831
石川県金沢市東山1丁目

志摩志摩お抹茶と上生菓子お抹茶と上生菓子
志摩

志摩は、あくまでも遊芸を主体としたお茶屋特有の粋なつくりで、奥には茶席「寒村庵」があり、お座敷カウンター席で坪庭を見ながらお抹茶がいただけます。季節の花々をかたどった上生菓子と共に、じっくり味わいましょう。

志摩見学と呈茶
約30分
9:00~18:00/年中無休
入館料:おとな(高校生以上)500円・小中学生300円、
    抹茶(上生菓子付き)700円
TEL:076-252-5675

金沢には三つの茶屋街があり、ひがし茶屋街は藩政期には武家の遊興の街でしたが、犀川を越えた野町にある「にし茶屋街」は、格式ばらずに遊べる町人の花街として栄えたところです。
ひがし茶屋街から足を延ばして、次はにし茶屋街を訪れます。

バス
橋場町(ひがし・主計町茶屋街)― 広小路(にし茶屋街・寺町寺院群)北鉄路線バスで15分

料金:おとな200円・こども100円

徒歩
広小路バス停~にし茶屋街 徒歩3分
にし茶屋街にし茶屋街甘納豆のかわむら甘納豆のかわむら
にし茶屋街・甘納豆のかわむら

茶屋街の角に甘納豆の専門店「かわむら」が店を構えています。お茶屋さんでちょっとしたお土産に使われ、最近では観光客にも人気の店です。いろんな種類の甘納豆がありますので、お店の人に聞いて、好みに合いそうな食感と味のものを探しましょう。

にし茶屋街散策
約20分
〒921-8031
石川県金沢市野町2丁目

徒歩
にし茶屋街~諸江屋本店 徒歩5分
諸江屋諸江屋諸江屋 落雁諸江屋 落雁
落雁の諸江屋

にし茶屋街の入口には落雁の老舗「諸江屋西茶屋菓寮」があり、また「妙立寺」方面の国道159号線沿いには、いかにも老舗の佇まいの「落雁諸江屋本店」が見えます。本店の隣には、昔の菓子型や前田家の年中行事の菓子を紹介する展示コーナーもあり、金沢のお菓子の歴史を垣間見ることができます。

落雁 諸江屋
店内見学
〒921-8031
石川県金沢市野町1-3-59
TEL:076-245-2854

和の美を表現する落雁を楽しんだら、バスに乗って武蔵ヶ辻へ。次は金沢の伝統菓子のお店「越山甘清堂」で、菓子づくりに挑戦です。

バス
野町 ― 武蔵ヶ辻・近江町市場 北鉄路線バスで10分

料金:おとな200円・こども100円

徒歩
武蔵ヶ辻・近江町市場バス停~越山甘清堂 徒歩3分
武蔵ヶ辻武蔵ヶ辻越山甘清堂越山甘清堂金沢の和菓子金沢の和菓子
越山甘清堂

武蔵ヶ辻・近江町市場(めいてつエムザ黒門小路前)でバスを降り、めいてつエムザの裏側スタジオ通りからちょっと入ったところが越山甘清堂。金沢伝統の氷室饅頭や金花糖で有名なお店です。ここで上生菓子の手づくり体験をします。金箔貼りもセットになったプログラムで、3月過ぎからは上生菓子の代わりに雛祭りの縁起物「金花糖」の色付けも体験できます。

和菓子づくり体験
約40分
毎週木曜・土曜13:30~、15:30~の2回 
体験料:おとな1000円・こども900円
    (上生菓子2種類2個ずつ、または金花糖2個)
TEL:076-221-0336/要予約

美味しいお菓子を味わって、自分でつくったお菓子をお土産に、金沢駅に戻りましょう。

バス
武蔵ヶ辻・近江町市場 ― 金沢駅東口 城下まち金沢周遊バス又は兼六園シャトルなどで8分
金沢百番街あんと金沢百番街あんと
金沢百番街

金沢駅構内にはお菓子を中心としたお土産物が勢揃いしている「金沢百番街あんと」があり、今回訪れることが出来なかった名店のお菓子も見たり買ったりできます。楽しみですね!

他にも出来る菓子づくり体験
  • 石川県観光物産館
    石川県観光物産館

    石川県の伝統工芸品や和菓子、地酒などが展示即売されている兼六園下の石川県観光物産館では、菓子職人の指導で和菓子づくりが体験できます。その他、郷土玩具「加賀八幡起上り手描き」や「金箔プレートづくり」の体験もあります。

    金沢駅兼六園口 ― 兼六園下・金沢城 兼六園シャトルまたは
    城下まち金沢周遊バス右回りで16分~18分 バス停より徒歩1分

    和菓子づくり:土日・祝日の10:00~15:00
    体験料:1,230円(500円の買物券付き)/所要時間40分/予約不要
    TEL:076-222-7788

  • あめの俵屋
    あめの俵屋

    昔ながらの水飴「じろ飴」で名高い、天保元年創業の飴の専門店です。桶から竹の箸で飴をすくい上げ、壷の容器に移す作業の体験で、壷に入れた水飴はお土産として持ち帰ることが出来ます。

    金沢駅兼六園口 ― 小橋 城下まち金沢周遊バス右回りで5分
    バス停より徒歩1分

    9:00~18:00(日曜は17:00まで)/不定休
    体験料:1,500円(壷入りじろ飴1個持ち帰り)/要予約
    TEL:076-252-2079

  • 森八本店
    森八本店

    落雁長生殿で有名な、三百数十年の歴史を持つ和菓子舗です。併設された「菓子木型美術館」には、江戸期からの千点を超える木型が展示されています。ここでは落雁をつくる体験ができます。

    金沢駅兼六園口 ― 橋場町(金城楼前) 城下まち金沢周遊バス右回りで12分 バス停の向側

    9:00~17:00
    菓子木型美術館入館料:おとな200円・中学生以下100円/体験は土日・祝のみ10時より1日4回
    体験料:1,260円(入館料共)/所要時間60分/要予約
    TEL:076-262-6251

ルートマップ
ページトップへ